更新日: 2010-09-10 01:45:31

分かりやすい日記で楽しく思い出を振り返る方法

著者: cocororo

編集者: cocororo

閲覧数: 321

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by noplans

今年こそは日記を!と思ってもなかなか続けられないのが現状。

それってどうしてでしょう?
長い文章を綴ろうとしていませんか?
それじゃあ続くものも続かなくなります。

私の伯父は亡くなる前日まで日記を付けていました。
約30年間ほどらしいんですけど、日記帳はたった3冊。

そう、10年日記を使っていたのです。

STEP1 10年日記を購入してみる。

毎日長い文章を書くのではなくて一言だけ書くようにする。

STEP2

何もない日は、健康状態とか感じていることを書くのがオススメ。

STEP3

ちょっとした出来事はかならず書くようにする。

STEP4

買った物やもらった物を書くこともよい。

STEP5 10年分の自分史が綴れると感じれば、きっと少しずつでも

毎日続けたくなるはず!

STEP6

1年続けば、あとは軽く10年まで続けられるはずです。

まとめ

10年前の自分から10年後の自分へのお手紙を挟んでも
面白いですね♪

当時は何を考えていたのか、などと後で振り返ると
とても素敵な思い出と出会えるはずです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

34

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
cocororo

韓国が大好きな主婦です。

日本に住んでいる韓国人の友だちから
教わったことも書きますね♪

必要なもの

10年日記→http://www.isihara-kk.co.jp/nikki10.htm0
ペン