更新日: 2011-08-29 17:37:02

授乳の時に服がじゃまにならない方法

著者: kalmit17

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 7392

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by MJTR (´・ω・)

授乳がひんぱんだと服をめくったりするのが手間だし、赤ちゃんの顔に服がかかるのもいやですよね。授乳服ばかり着ているわけにもいかないし。そんなときに使ってください

STEP1

用意したヒモを輪にします。

STEP2

ネックレスのように首にかけます

STEP3

ヒモを洋服の下にくぐらせます

STEP4

授乳の時には、輪の下端を服の下からひっぱりだし、その輪を頭にかぶります。

STEP5

服がめくれあがるので、授乳しやすい位置に整えます

まとめ

おっぱいを変更するときはヒモの位置をずらすだけでOK。冬は一番下に授乳服を着て、上着との間にヒモを入れるとよいでしょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

86

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

ヒモ。またはゴムひも。
赤ちゃんに当たらないようにするなら、かわいくビーズなどで作ってもいいでしょう。長さは私の場合、120cmは必要でした。試してから決めて切ったほうがいいかも。