更新日: 2018-02-21 17:36:41

花粉症用で眠くならない薬はありますか。

著者: garnest2011

編集者: OKWAVE非公開Q&A(公式)

閲覧数: 7008

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by takamorry

2月、この季節になると、花粉症になる人が増えてきます。
長ければ6月ぐらいまで長引いてしまうこともあります。
これまでこの症状が無かった人でも一度かかると毎年、この症状に悩まされてしまう場合がほとんどでしょう。
長期的にみれば、生活改善、体質改善によって克服していくのが理想なのでしょうが、どうしても我慢できないような時、手っ取り早く症状を緩和するために薬を使うのも無理からぬことだと思います。
ただ、花粉症用の薬は効果があっても頭がボーっとしたり、眠くなったりするものもあります。
そこで、内服薬の中で眠くならない薬にどんなものがあるか述べていきたいと思います。



【お悩みについて専門家に非公開質問も可能です】

http://okguide.okwave.jp/guides/76841 

漢方や薬膳に精通した薬剤師・松田 惇先生への非公開質問はこちらから


 ●既にOKWAVEに登録している方はこちらから

 https://okwave.jp/profile/u2793987.html?&slp=201802


 ●OKWAVEに新規会員登録をしたのち、質問する方はこちらから

  (メールアドレス、Twitter、Facebookのアカウントで登録できます)

 https://okwave.jp/register

STEP1 何故、花粉症になるのでしょうか。

花粉が目や鼻に入ると、抗体を作り出します。その抗体に再度、花粉が付着するとヒスタミンという物質が多く分泌されます。これが原因となって、くしゃみ、鼻水、鼻づまりを引き起します。これを花粉症といいます。
抗ヒスタミン剤とはこのヒスタミンの作用を抑える薬です。

STEP2 抗ヒスタミン剤の中で眠くならない薬はありますか。

第2世代抗ヒスタミン薬は第1世代抗ヒスタミン剤のように眠くなりやすい、口が乾きやすい、などといった症状が少ない薬です。
その中でも比較的に眠くならない薬としては、
アレグラ(フェキソフィナジン塩酸塩)
クラリチン(ロラタジン)
アレジオン(エピナスチン塩酸塩)
エバステル(エバスチン)
などがあります。
この中でも、アレグラやクラリチンはその製品の添付書に車の運転に対する注意や服用中の眠気に関する記載が無いということです。車の運転を想定しているのであれば、これらのお薬を検討してみるのもいいかもしれません。
これらのどのお薬も、花粉症に対する効果や眠気の度合いは、個人によってかなり差が出てしまう事があるので注意が必要です。
これらのお薬は抗アレルギー剤として分類されています。即効性もありますので、飲めばある程度の効き目はすぐに現れますが、最も効果的なのは花粉が飛ぶ数週間ぐらい前から飲み続ける事です。これにより、花粉症の症状をかなり緩和させることが出来るようになります。

STEP3 他にはどんな薬があるのですか。

漢方薬の小青龍湯があります。
あと、医者の正しい指示のもとで服用するという条件付きで、ステロイド剤のセレスタミンなどがあります。

STEP4 これらの薬に副作用はありますか。

あります。ステロイド剤はもちろん、それ以外にも「ほとんど副作用がありません。」とはあっても、やはりその人の体質とか服用方法などで副作用が起きる場合があります。
例えば、ステップ2で述べた第2世代抗ヒスタミン薬では、食欲不振、発熱をはじめ、多くの症状が挙げられています。アレグロやクラリチンなどはそれに加えて、手足のしびれ、血圧低下といった症状も指摘されています。
小青龍湯にしても、胃の不快感や食欲不振、吐き気をはじめとする症状が幾つか挙げられています。
ステロイド剤のセレスタミンについては発熱、のどの痛み、下痢、副腎の働きが悪くなる、胃潰瘍など多くの症状が挙げられています。

まとめ

このガイドの目的は、花粉症で眠くならないお勧めのお薬を紹介するためのガイドではありません。
「花粉症で眠くならないお薬としてこのようなものがあるので、耳鼻科専門のお医者さんとよく相談してあなたの体質にあったお薬と服用、そして体質改善の方法を見つけてください。」という思いを込めて作成したガイドです。
お薬には必ず副作用があります。又、花粉症は1回発症してしまうと毎年、発症してしまう事が多く、長く付き合っていかなければならない病気です。
治療方法も薬剤を使用した方法だけではありません。
現在、あなたが花粉症で悩まされているのであれば、専門のお医者さんとその治療方法について、自分が納得できるまで十分に相談してみてください。
あなたが早期に、自分に適した治療方法が見つけられる事を心から願っています。

参考URL
http://kobe-haricure.net/health/e14.htm(花粉症で咳が止まらないのは危険
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/kafun.html
(厚生労働省:花粉症特集)
http://www.arerugi-ka-shinjyuku-ekimae-clinic.info/k-chiryouyaku.html
(新宿区|眠くならない花粉症治療薬|アレルギー科専門サイト|新宿駅前クリニック)
http://shiobutaman.blogspot.com/2008/01/blog-post_26.html
(中高年からの健康法実践記 花粉症に・・・眠くならない薬)
http://www.hosonokanpo.com/menu03/kafun.html
(眠くならない!仕事に支障が出ない!花粉症には漢方治療)
http://rabi.to/kafunsyou/allegra/(眠くならない花粉症の薬アレグラ
http://allabout.co.jp/r_health/gc/300691/2/
(眠気の少ないアレルギー薬ってないの? - [アトピー性皮膚炎] All About2)
http://www.no-kafun.com/yobou/2006/01/ige.html(花粉症の原因=IgE抗体
http://www.jah.ne.jp/~kako/(おくすり110番・・病院の薬がよくわかる
http://www.1shibafu.net/arerugi/2006/05/post_145.html
(花粉症で使う抗アレルギー剤)

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

92

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する