更新日: 2011-07-26 14:58:03

セルフヘッドスパのすすめ

著者: yuhki2010

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 709

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Barry Zee

最近、注目を浴びつつあるセルフヘッドスパ。
美容室でプロの施術を受けるのも良いですが、なかなか時間や予算の折り合いがつかないこともありますよね?
特に夏は紫外線や大量の発汗で頭皮もダメージを思った以上に受けています。
自宅で定期的にヘッドスパを行い、健康な頭皮と美しい髪を維持する方法をお知らせします。

STEP1 軽くブラッシングをし、シャワーでよく流します。

爪を立てずに指の腹で優しくじっくりマッサージするようにしながら流すと良いです。

STEP2

頭皮用のクレンジング(なるべく自然な素材のもので柑橘系がオススメです)で、毛穴の詰まりや汚れを浮かし洗い流してから(この時も爪を立てないように注意して下さい)、少し熱めのタオルで頭全体を包んで蒸します。
熱めのタオルを用意するのが面倒な方はシャワーキャップで代用しても構いません。この状態でだいたいですが2~3分ほど待ちます。

STEP3 ここからは、通常通りシャンプー→トリートメントを行います。

シャンプーは少量で、しっかりと手のひらで泡立てた状態でとにかく優しくマッサージするように洗います。トリートメントは自分の髪質に合った物を選んで下さい。トリートメントの際も温めたタオルかシャワーキャップを使って頭を蒸します。だいたい5分ぐらいで充分です。
トリートメントはしっかり洗い流して下さい。すすぎが足りないと吹き出物などの原因になります。

STEP4 仕上げに頭皮用のオイルを使用し、マッサージを行います。

全体の流れを通して言えますが、爪を立てずに指の腹を使います。
また、親指・ひとさし指・中指(出来れば両手の指全部)を使って
ゆっくりと揉みほぐすように行います。
毎日行う必要も無いと思いますが、週末だけとか月イチではなく2~3日に一度のペースを目安にすると良いと思います。

まとめ

セルフヘッドスパは入浴の際に一緒に行うと効率が良いと思います。
頭を蒸している間などちょっと時間のある間に体の他の部分のお手入れなどをすれば、待ち時間も気になりません。
また、マッサージの際は絶対に爪を立てないこと。傷を付けてしまっては意味がありません。
マッサージするポイントは円を描くように側頭部、こめかみ、うなじ、頭頂部、後頭部とまんべんなく行います。全体の血流を良くするようなイメージです。

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

26

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
yuhki2010

こんにちは(ノ▽〃)
今までの闘病経験や一人暮らしで得た知恵、
人から聞いて自分で試してよかったものなど、
みなさんのお役に立てるような内容を投稿し...

必要なもの

・ブラシ
・頭皮用クレンジング剤(柑橘系などで出来れば低刺激のもの)
・熱めのタオルまたはシャワーキャップ
・シャンプー&トリートメント
・頭皮用オイル

どれも特別高価な製品を選ぶ必要はありません。普段から定期的に行った方が効果的なので、ご自身のお求め安い価格のものを使って下さい。
また、シャンプーやトリートメントは自分の髪質に合った物を選んで下さい。