更新日: 2011-03-04 13:31:22

キシリトールが虫歯によいとされるわけ

著者: mamamacaron

編集者: mamamacaron

閲覧数: 302

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by senov

1997年に食品添加物として認可されて以来、ガムやキャンディーに使われていて、虫歯予防効果があるとされるキシリトールですが、よいとされる理由は何でしょう?

STEP1 唾液の作用を効果的にします

甘いので唾液の分泌を刺激します。唾液はそれ自体、歯を保護するが、キシリトールは非発酵性で、砂糖のように口の中に酸を作らないので、唾液の作用がより効果的になります。

STEP2 ミュータンス菌の増殖を抑えます

口の中のキシリトールは、酸に変化せず、虫歯の原因となるミュータンス菌の成長を妨げ、その働きをおくらせます。

STEP3 唾液中のカルシウムと結合 します

唾液中のリン酸カルシウムを安定させ、歯からカルシウムが抜け出るのを防ぐなど、歯の質を丈夫に保ちます。

まとめ

甘いのにカロリーは1g3Kcalと低カロリーです(砂糖は1g約 3.8Kcal)

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

61

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する