更新日: 2014-02-07 16:02:03

車についた雪と氷を取り除く方法

著者: itsuki1030

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 13864

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by satooooooru

ウィンタードライブの最悪のシチュエーションの一つは、さあ出発と思って出かけようとしたら、車がすっかり雪に埋まって窓も凍り付いていたという状況でしょう。そんな時つい不精して、雪や氷がついたままドライブしていると、視界不良で思わぬ事故の原因になりかねません。以下の記事を読んで、しっかり雪や氷を取り除く方法を勉強してください。

STEP1 エンジンを掛ける。

まずはエンジンを掛けてフロントのデフロスターを全開にし、リアのデフロスターもオンにしましょう。こうしておくと窓の氷を取りやすくなります。それに車に乗り込んだ時も大変快適です。

STEP2 スノーブラシを取り出す。

スノーブラシを使って雪を落としていきましょう。スノーブラシにはいろんな種類がありますが、一方の端にブラシ、もう一方の端に固いスクレーパーとゴム製の柔らかいスクレーパーが付いたものがベストです。軽い雪ならブラシ、積もった雪は柔らかいスクレーパー、ガラスに付いた氷は固いスクレーパーと三種類を使い分けながら、車を傷つけずに雪を落としていきましょう。

STEP3 車の雪は「全部」落としましょう。

フロントガラスの雪だけ払って走っているドライバーが時々いますが、これは非常に危険です。屋根に残った雪が突然落ちてきて視界をすっかり遮ってしまうと、何も見えずに数十メートル走ることになりかねません。また風に吹かれた雪が後方を走るドライバーの視界を妨げることもあります。自分と周囲の人の安全のために、車に積もった雪は必ず全部落としてください。

STEP4 ライト周りの雪は全部落としましょう。

ハイマウントストップランプ、ナンバープレート、ウィンカー、ヘッドライト、フォグランプ等すべてのランプ類が完全に見えることを確認して下さい。あたり前のことですが、どれ一つ暗くなっても危険です。

STEP5 窓の氷を掻き落としましょう。

車に積もった雪を落としている間に、ウィンドーの氷はかなり溶けてきているはずです。後は、スノーブラシに付いたスクレーパーで丁寧に残った氷を掻き落としてしまえばOKです。ガラスの氷を完全に落とさないと、視界の妨げになりますので丁寧に取り除いていきましょう。

まとめ

スクレーパーがないときは、プラスチック製のカードは便利です。財布の中に一枚か二枚もう要らないメンバーズカードがありませんか?ちょっと時間は余分にかかりますが、ガラスを十分に温めてやれば、小さなカードでもきれいに氷を落とせます。
天然素材のほうきを使って車の雪落としをすると塗装を痛めることがあります。スノーブラシがない場合でも、合成素材のほうき以外は使わないほうが賢明でしょう。
ガラス以外のところでスクレーパーを使うと塗装を傷めてしまいます。決してスクレーパーを塗装面で使ってはいけません。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

136

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する