更新日: 2011-02-28 11:10:00

リフレッシュ効果あり☆爪もみマッサージの方法とポイント

著者: jejejeaki

編集者: jejejeaki

閲覧数: 854

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by VladJanuary

ツメの生えぎわには神経繊維が密集しています。そこのツボを適度に刺激してやると、血流が良くなり、腰痛や肩こりなどにも効果がありリフレッシュできます。

STEP1 やり方は難しくありません。

基本的に両手の薬指以外の4本の指のツメの生えぎわをもみます。
そうすると、副交感神経(ココロとカラダに休息をもたらす神経)が
活発に働きだし、血行が促進されるのです。

ただし、薬指は交感神経(ココロとカラダを活動的にする神経)を
刺激してしまうのでやらない方がよいでしょう。

STEP2

反対側の手の親指と人さし指でツメの生えぎわを両側からつまみ、
そのままもみます。
痛気持ちいい(ちょっと痛いけど気持ちいい)くらいの強さで、
1本の指につき10秒ずつもみます。
念入りに刺激したい時は、20秒ずつもみます。
両手の親指、人さし指、中指、小指をひととおり刺激するのを、
1日2~3度やりましょう。

STEP3 ◆親指は、呼吸器系に対応しています。

◆人差し指は、消化器系に対応しています。
(便秘の時に効果あり)
◆中指は、耳に効果あり。
◆小指は、心臓や腎臓などの循環器に対応しています。
(肩こり、腰痛、生理痛などに効果あり)

手軽にできる爪もみマッサージ。
家事や仕事の合間にやってみませんか?

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

99

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する