更新日: 2011-07-19 14:36:23

≪ゴルフ入門≫ゴルフボールの選び方

著者: hrht

編集者: OKWAVE Guideスタッフ

閲覧数: 740

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by hrht

どんなボールを選べばいいの?

ゴルフは、他のスポーツと違い、非常にボールの選択肢が多いスポーツです。ゴルフを始める人にとって、何がどう違うのか見た目ではわかりません。ここでは、どんなボールがあるのか、コースにはどれだけ持っていったら良いのかなどを説明したいと思います。

STEP1 ディスタンス系(飛距離重視)、安いボールで十分!

ボールは大きく2種類に分けられます。飛距離を重視するボールと、スピン性能を重視するボールです。大まかなイメージはアベレージ(一般)ゴルファー向けなのが飛距離重視のディスタンス系ボール。プロ、上級者向けがコントロール重視のスピン系ボール。初心者におすすめするのは前者のディスタンス系ボールです。耐久性に優れ、アプローチでボールが高く上がりやすいからです。値段は1個150円から800円ぐらいと、非常に幅がありますが、初心者のうちはボールをなくすことが多いので、1ダース3000円ぐらいのボールがおすすめです。 カラフルな色のバリエーションがあるボールでは、どの色でも性能の違いは無いので、好きな色を選びましょう。ちなみに色は、普通の白色がコースでは一番目立ちます。

STEP2 ロストボール

ゴルフショップのボールコーナーに行くと、少し汚れたり、傷がついたボールがかごなどに入ってばら売りしているコーナーがあると思います。ロストボールと呼ばれ、過去にゴルフ場で誰かがなくしてしまったボールを再利用し、非常に安く手に入ります。ショートコースなど、練習用に使用するにおすすめです。高いボール使ってみたいときに、きれいなボールを1、2個買ってみてコースで試してから、良ければダースで買う、なんていう利用法が経済的です。非常に安くて汚いボールは、ボールが劣化していたりする恐れがあるのでおすすめしません。 なお、ほとんどのボールはパッケージ裏側にボールの特性が表記されています。非力な人や女性はソフトフィーリング、人並み以上のパワーがある人はやや硬めのボールがおすすめです。

STEP3 コースにはたくさんボールを持っていくこと

テニスや野球と違ってゴルフの場合、初心者はボールがたくさん必要。ゴルフコースにはハザード(障害物)として池、谷、林などが配され、ハザードに打ち込んでしまうと、1ホールで何球もボールが必要になったりするからです。初めてゴルフ場に行くときは、最低でも1ダース(12個)、ハザードの多いコースだと20球ぐらい用意した方がいいでしょう。 また、他の人のボールと間違わないように、ボールにマジックで自分だけのしるしをつけたり、ネーム入りのボールで区別できるようにしましょう。

まとめ

・コースにはたくさんボールを持っていくこと
・ディスタンス系(飛距離重視)、安いボールで十分!
・上記に上げている必要最低限の小物は揃えておこう

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

43

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する