更新日: 2011-02-25 05:29:29

突然の関節痛・怖いリュウマチとは?

著者: tikumanikki

編集者: tikumanikki

閲覧数: 821

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by tikumanikki

怖い関節リュウマチは初期の症状に注意が必要だそうです。

その注意とは?

STEP1 朝起きたときの手のこわばりに注意して下さい、

朝起きたときに、手を握るのが困難だったり、シャツのボタンがとめられなかったり、朝食の準備が困難などというときは、関節リュウマチが疑われるそうです。

こわばりから、次第に痛みが伴い、最終的には指が固まって動かなくなるなどの怖い症状がでる可能性もあります。

間接リュウマチは女性の方がかかりやすいといわれています

STEP2 病院でめの診察を受けたほうがいいようです。

こわばりが、だんだん関節痛となって、痛みが伴ったりします。関節リウマチは慢性に続く炎症であるため、全身倦怠感や易疲労感を持つなどしてきます。寒い季節は、痛みが顕著になったりします。

関節リュウマチが進行していくと、痛みがなくなりその代わり、関節を動かすことが出来なくなるなどの症状が現われます。この症状は、指の関節に多くみられます。

いずれにしろ放っておくと怖い病気すので、早めの診察が望まれます。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

72

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する