更新日: 2011-02-25 12:46:14

伝記映画が公開間近! 伝説の女の子バンド、ランナウェイズ

著者: OVEST

編集者: OVEST

閲覧数: 459

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by OVEST

70年代に活躍した、伝説のガールズバンド、ランナウェイズ。
3月中旬から、彼女たちの伝記映画が公開予定だ。
映画を楽しむ前に、どんなバンドだったかを知っておこう!

STEP1 (時代背景)

ランナウェイズが活躍した1970年代の後半は、
ガールズバンドが非常にめずらしかった時代。
「ロックは男のもの」であり、
女性はまともな演奏ができるのかさえ、疑われていた。

STEP2 (メンバーは全員ティーンエイジャー)

1975年のデビュー当時、メンバーの平均年齢は16歳という若さ。
彼女たちがどのように結成され、デビューしていくのかは、
伝記映画の中でばっちり確認できるハズ。

 最盛期のメンバー:
 シェリー・カリー(ヴォーカル)
 ジョーン・ジェット(ギター)
 リタ・フォード(ギター)
 ジャッキー・フォックス(ベース)
 サンディ・ウェスト(ドラム)

STEP3 (過激なステージ衣裳)

ボーカリストのシェリーが下着姿(コルセット)で登場し、
シャウトするランナウェイズの過激なステージは、
大きな話題になった。
アレンジや歌詞なども、「男のロック」と張り合うように激しく重く、
そして挑発的だった。

STEP4 (ディスコグラフィ)

Photo by OVEST

代表曲は『チェリー・ボンブ』。
「あたしはあんたが待ってた女狐ちゃんだよっ!」と叫び飛ばす、
ビッチで豪快なロックンロールだ。
キャッチーなメロディラインは、今聞いても新鮮!

 現在の日本では、
 ファーストアルバム『チェリー・ボンブ』(1976年)
 セカンドアルバム『クイーン・オブ・ノイズ』(1977年)
 ライブアルバム『ライブ・イン・ジャパン』(1977年)
 などがCDで入手可能。

STEP5 (日本での人気)

Photo by OVEST

ランナウェイズは日本で大人気になり、
1977年には来日公演やテレビ出演も実現。
ランナウェイズのスタイルを真似た”ガールズ”という
国産女の子バンドも登場したほどだ。
ガールズのデビューシングル『野良猫』のB面には『チェリー・ボンブ』の
カヴァーが収録された。

STEP6 (メンバーのその後)

1979年の解散後、最も大きな成功を収めたのはジョーン・ジェットで、
1982年にリリースしたシングル『アイ・ラブ・ロックンロール』は、
全米チャート1位を記録するメガヒットに。

リタ・フォードもソロアーティストに転身し、
へヴィメタル界で成功を収めた。

シェリー・カーリーは、双子の妹マリーと共演し、
アルバムをリリース。女優としても活動した。

STEP7 (伝記映画『ランナウェイズ』)

彼女たちの姿を描いた映画『ランナウェイズ』は、
2010年3月12日(土)渋谷シネクイントなどで、全国公開される。
ボーカルのシェリー役にはダコダ・ファニング、
ジョーン・ジェット役にはクリステン・スチュワートと、
注目の若手女優が起用されており、期待大!

監督はイタリア出身の、フローリア・シジスモンディ。
クリスティーナ・アギレラやマリリン・マンソンなどの
PV監督を務めてきた経歴のある女性で、
長編映画の製作は、これが二作目。

 <作品情報>
 原題:The Runaways
 製作年:2010年
 製作国:アメリカ
 監督:フローリア・シジスモンディ
 出演:クリステン・スチュワート、ダコダ・ファニング、
 マイケル・シャノン
 ランニングタイム:106分

まとめ

ロックの世界で戦う少女たちの生き様を、
女性監督が描き出す、期待の一作。
公開前にランナウェイズの音源もチェックしよう!

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

11

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
OVEST

映画、音楽大好きな編集/ライターです。
面白い情報をどんどん、ガイドしていきたいです。