更新日: 2011-02-24 22:44:34

【健康】痛風の予防の仕方

著者: kakusinennbutu

編集者: kakusinennbutu

閲覧数: 1054

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by bestbib&tucker

痛風はほんの少しの刺激で激痛が走るとされています。
体の末端部位、主に足の親指の関節に多く、他に末端にちかい部位の関節に結石がつまり激痛が走るとされています。
そんな痛風にもきちんと予防策があり、その対策をきちんとしり痛風予防に心がけましょう。

STEP1 ・痛風の予防前に

痛風は体の老廃物が尿酸となり血液に溶けていますが、その尿酸の値が高くなると血液内で結晶化し血管を詰まらせたりなどをし激痛が走るわけですが、本来この尿酸というのは血液から腎臓に運ばれ尿として多くは排出されます。
ですが、現在、過食や偏食、運動をしないことにより汗などもかかず尿酸がうまく排出されず尿酸の値が高まってしまっています。

STEP2 ・尿酸をうまく排出しよう。

尿酸をうまく排出するには、まず水分を多く取ります。
水分を多く取り多く尿を排出することで尿酸の値を減らします。
1日の水分を摂取する目安は2ℓです。この2ℓの水分を1日に細かく分けて飲んで老廃物の排出を助けましょう。
この水分を一気に飲もうとすると内蔵に負担をかけるので、こまめに摂取するのが大切に鳴ります。
この水分を多く摂取する行為は他にも血液の流れを良くしてくれるので痛風対策でなくても1日に2ℓの水分を飲むことは健康にもいいのです。

STEP3 ・尿酸をうまく排出しよう2

次に良く汗をかくことです。
現代の日本人は運動をしなさ過ぎている場合がほとんどで、汗をかく習慣などが絶えています。
そこでウォーキングやランニング、水泳など全身を使った有酸素運動で程よく汗をかくということも大切です。
これとは反対に腕立て伏せやスクワット、上体起こしなどの短時間で行う無酸素運動などは血圧を急激に上げるほか、血液内の尿酸値を上げる場合もあるので血圧が高めの方や実際に尿酸値の高い方は注意が必要です。

STEP4 ・食事に気をつける。

食事に気をつけるというのは、実際に尿酸値が高く医者に注意や警告を受けた方以外はそれほど気にしなくてもいいかもしれません。
それでも気にする方はよく水分を摂取すれば大丈夫でしょう。

注意する食事
レバー、いわし、豚肉、牛肉などの動物性のたんぱく質にはプリン体というものを多く含んでいます。このプリン体というのは肝臓に運ばれると尿酸という物質になるので、このプリン体を抑えることも痛風対策になります。

プリン体が少ない食品は?
うなぎ、ほうれん草、大豆製品、乳製品などがあります。特に大豆製品には植物性のたんぱく質が多く含まれており、カロリーや脂質も少なく栄養価も高いのでお勧めです。

まとめ

水分を多く取るということは健康そのものに良いですが、飲む水分がジュースであったり清涼飲料水であると逆に糖分やカロリーの取りすぎて太ってしまいます。
ここで摂取する水分は水やお茶、薄めたスポーツドリンクなどにしましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

47

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kakusinennbutu

資料などネットで検索し、面白い情報、有意義な情報があれば自分なりに整理して載せていこうと思います!

ちょっといい人っぽく言いましたが、ふざけるのが大...