更新日: 2011-03-11 18:00:26

マグニチュードと震度の違いとは??

著者: さくら

編集者: マカロニグラタン

閲覧数: 4533

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by treasuresthouhast

地震がおきた際、ニュースなどでマグニチュード○
震度○という風に2つの表現で規模を報道します。
マグニチュードと震度の違いを調べてみました。

STEP1 マグニチュードとは地震の大きさ(規模)のことです。

1935年にアメリカの地震学者リヒターが定義を示したとのことです。
マグニチュード7以上を「大地震」、5以上7未満を「中地震」
3以上5未満を「小地震」、1以上3未満を「微小地震」
1未満を「極微小地震」と分類されています。

STEP2

震度とはある地震に対するある場所での地面の揺れの強さのことです。

STEP3 まとめるとマグニチュードはひとつの地震に対して一定値です。

震度に関しては、震源地はもちろん大きく、離れる程小さくなるため
場所によってバラバラです。

ニュースを見る際にマグニチュードで今回の地震の規模を確認し
震度でどのあたりがどの程度揺れたのかという事を確認すれば
良いということになります。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

166

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
さくら

妊娠をきっかけに専業主婦になりました。

お料理・読書・アロマ・美容・旅行・株などなど★

皆さんと色々な楽しいお話をシェアできればと思っています...