更新日: 2011-02-24 11:51:43

ベタベタにならずにアイスクリームを食べる方法

著者: itsuki1030

編集者: itsuki1030

閲覧数: 266

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Jason Cartwright

夏の暑い日に食べるアイスクリームは本当に冷たくて美味しいですよね。でも食べているうちにどんどん溶けてきて、服や顔を汚してしまったことはありませんか?せっかくのアイスクリームですから、服や顔を汚すことを心配せずに食べたいですよね。以下のアドバイスをお試しください。

STEP1 ダブルやトリプルはあきらめましょう。

二層三層に重なったアイスを夏の日差しの中できれいに食べるのは至難の業です。特に小さな子どもにとっては不可能でしょう。冷たいアイスクリームをたっぷり食べたいという誘惑に抵抗してください。ダブルやトリプルはお得な感じがしますが、クリーニング代や洗濯の手間を考えれば高くつくかもしれません。

STEP2 アイスの種類は賢く選びましょう。

一般的に言ってバニラ系のアイスはチョコレート系のアイスより溶けにくいそうです。もちろんソフトクリームは普通のアイスより溶けやすいので要注意です。そしてバニラ系のアイスは万一こぼしてしまったときにも洋服にシミを作るリスクが小さいですね。子供さんがアイスをねだったら、できるだけバニラ系を選ぶよう上手に誘導してあげましょう。

STEP3 アイスとコーンの正しい食べ方

基本的なテクニックは「周辺から中央へ」というものです。舌を上手に使って、アイスをできるだけコーンの中央へと押しやりましょう。コーンの周辺に垂れてきたしずくは目ざとく舐め取ってしまいましょう。難しいように思うかもしれませんが、注意して食べればけっこう上手にできるものです。

STEP4 コーンの形を選びましょう

円錐型のコーン(Sugar cone)は1番食べにくいと言われています。なるべく円筒型のコーン(Cake cone)を選びましょう。もちろんコーンにこだわらなければ、容器に入ったアイスをスプーンで食べるのが1番確実ですね。

STEP5 食べる場所に注意しましょう。

できればショップの中のエアコンの効いた室内で食べることです。ギラギラした太陽の下でアイスが溶け始めると、コーンにどんどんしみこんで、ポタポタ垂れてくる危険はますます大きくなります。涼しい室内で食べれば、チョコレートアイスが白いブラウスに落ちてくるのを心配せずにチョコの風味を楽しめるでしょう。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

51

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する