更新日: 2011-02-24 05:08:18

年齢とともに、どうしても膝の痛みが強くなってきたりします。少しでも膝が樂になるようにするには?

著者: tikumanikki

編集者: tikumanikki

閲覧数: 443

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by tikumanikki

膝が痛いと、日常生活で不便なだけだなく、長年続けてきた茶道を続けられなかったりするなど、色々な面で支障をきたします。

年齢のせいと諦めていないで、ちょと努力をしてみませんか。

STEP1

膝の痛み・関節痛の症状が起こるのは、軟骨がすり減り関節包が引っ張られるなどが原因です。

「変形性膝関節症」というのがあります。膝の痛みで、もっとも多いのが変形性膝関節症といわれています。関節の軟骨がすり減ったために痛みを生じる病気です。


加齢が原因で、クッションの役目をする軟骨がもろくなって減り、さらに筋肉の衰えによって軟骨に負担が増してきますので、痛みが強くなります。

「膝の痛み」があると、どうしても体を動かさなくなる事が多く、ますます症状を悪化させるという悪循環に陥ってしまいます。

STEP2

関節痛の原因は、日常の動作や生活の仕方が大きく関係してきます。

関節痛を予防するためには、次のことを心がけて改善してみてください。

【肥満の解消】 肥満は自分の体重が膝にかかり、そのために膝の関節に最も負担をかけ手しまいます。
食事の料や質に気をつけたり、ウォーキングなどの軽い運動とを組合せて、無理の無いダイエットをしましょう。
プールで膝丈の位の水の中を歩くのが効果的でおススメです。

STEP3

日常の生活で膝への負担がかかるのが立ったり、座ったりすることです。

【イスの生活】
イスの生活は、正座で膝に負担をかけることもないので、予防と痛みの軽減になりますので、できるだけイスの生活にできたらいいですね。

トイレも洋式トイレですと、膝への負担が軽くてすみます。

急にジョキングを始めるのは、中高年の人には無理がかかる場合もあります。過度な体操は逆効果です。

痛みが伴うようであれば、整形外科を受診し、自分の症状に合った、正しい体操を指導してもらうのがおススメです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

36

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する