更新日: 2011-03-19 13:34:17

iPhoneのマップ機能の活用方法

著者: ホタルギツネ

編集者: ホタルギツネ

閲覧数: 562

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by MoneyBlogNewz

iPhoneに最初から装備されている地図アプリ「マップ」。
知っていると便利な「マップ」の検索機能をご紹介します。

※現在地や目的地の情報をメールで送信する機能の説明を追加しました。(ステップ5)

STEP1 ≪入力欄に目的地の住所を入力して検索する≫

目的地の住所がわかっていれば、住所で検索ができます。
詳細な住所がわかっていれば正確な所在地が、大まかな住所しかわからなければ大体その付近のどこかにピンをさしてくれます。

STEP2 ≪入力欄に目的地の電話番号を入力して検索する≫

意外と知らない人が多いのが電話番号で検索する方法です。
電話番号がわかっていれば、住所を入力するよりも数字を入れるだけの方が簡単です。
Googleに登録されている番号ならこれだけで目的地を設定できます。

STEP3 ≪入力欄に目的地の名称を入力して検索する≫

 例えば、「東京タワー」「○○病院」というように名称で検索する方法です。
マクドナルドなら、通称名の「マック」や、関西風に「マクド」でも検索OKです。
 ちなみに、「ミスタードーナツ」は「ミスド」で検索できますが、試しに「ミスター」で検索してみると「ミスタードーナツ」及び「ミスター」がつくお店達が一緒に表示されました。^^;

STEP4 ≪入力欄に検索したいジャンルを入力して検索する≫

例えば急にラーメンが食べたくなったら、「ラーメン」という風に、
「焼肉」「ファーストフード」「フレンチ」など食べたいジャンルや、
「歯医者」「公園」「100円ショップ」「レンタルビデオ」など、いろんなジャンルで検索してみると、近所に今まで知らなかったお店を発見できたりするかも知れませんよ。^^

STEP5 ≪自分の現在地や目的地の情報をメールで送信する≫

 自分の現在地は、画面左下のコンパスのアイコンをタップすると現在地にピンが表示されます。さらにピンをタップして詳細情報を表示すると、一番下の真ん中に「場所を送信」と表示されて、連絡したい相手にメールで現在地の住所を送信することができます。
 同じ要領で、目的地にささったピンからも、その場所の詳細情報(住所、電話番号、Webアドレス等)をメールで送信できますので、お店情報等を、お友達と簡単に共有できてとっても便利です。

まとめ

 目的地がお店や会社の場合、詳細情報を表示させれば、Webサイトの確認や、電話番号をタップして直接電話、クーポン情報の検索、連絡先への登録などができます。お店に移動する時には、そのままナビゲーション機能が使えます。

GPS機能で、自分の現在地からの経路がすぐにわかるので、外出先で利用すると大変便利です。

ナビを使う時は、「地図+航空写真」で表示できるのもポイントです!

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

116

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ホタルギツネ

☆好きなもの☆
読書
映画
100円ショップ
リサイクルショップ
フリーマーケット
簡単節約料理^^;

必要なもの

iPhoneのマップ機能。