更新日: 2011-02-23 20:28:14

陣痛がきやすい体作りのススメ

著者: nantyan4

編集者: nantyan4

閲覧数: 9232

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by MJ/TR (´・ω・)

出産予定日をすぎても陣痛が来ない、、、

初産婦さんの場合、よく聞く話ですが
出産予定日をすぎても陣痛が来ない場合は
何が問題なのでしょうか。

赤ちゃんの生命維持装置ともいえる胎盤の
機能は、実は予定日をピークにその働きが
落ちていくといわれています。
また、それに従って羊水の量も減っていくのだそうです。
2~3日遅れる分には問題ないとは思いますが
1週間以上遅れる場合は促進剤などで陣痛を人工的に
起こすケースが多いようです。

STEP1 ☆日ごろから心がけておいたほうがいいこと

なるべく予定日に近い日に出産するためにも、
日ごろから「陣痛がおこりやすい」体作りをすることが
大切だといわれています。

とはいえ、そんな難しいことをするわけではありません。

ウォーキングや妊婦体操、半身浴など
体力をつけたり身体をほぐしたり、温めたりするものが
良いとされています。
 ※特にウォーキングで体力づくりをした妊婦さんは、
  していない場合と比べて安産が多いそうです
 ※お腹が張るようであれば、無理をせず体をやすめましょう

もちろん、規則正しい生活を心がけたり
バランスの良い食事をとるのも大切なことです。

STEP2 ☆出産間近、追い込みでできること

臨月に入ってからは、少し積極的に
身体を動かしたほうがいいそうです。

・スクワット
・股関節を広げる運動
・床の雑巾がけ
・階段ののぼりおり
  ※手すりがあるところでやりましょう
・おっぱいマッサージ
  ※乳首を刺激することで子宮の収縮が促されます

予定日が過ぎたから、と焦ってしまうと逆に
陣痛が来ない場合もあるそうです。
「やることはやってるんだし、そのうちくるか」と
残り少ないお腹の赤ちゃんとの日々を楽しみましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

109

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する