更新日: 2011-02-23 16:26:48

【蚊飛症】 治療法のないこの病気はどうすればいいの?

著者: tikumanikki

編集者: tikumanikki

閲覧数: 1020

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by tikumanikki

視線を動かすと一緒にゴミのような、糸くずのようなものが付いてくる、目にとっては不快な症状です。


加齢によって起こる病気とされていますが、早い人では、20才から見られます。でも、これといった治療法がないのが、この病気です。

もう少し詳しく蚊飛症のことをみてみましょう。

STEP1

蚊飛症は、若いときにはあまり見られませんが、60歳を過ぎることから急に増えるのが特徴です。3割以上の人がかかると言われます。

特に問題のない蚊飛症もありますが、時には注意の蚊飛症もあります。それは、網膜剥離やぶどう膜炎です。失明の恐れもある病気です。

心配のない蚊飛症と、失明の恐れのある網膜剥離などの蚊飛症は、どこで見分けるのでしょうか。

かかると怖い網膜剥離!
これは早期発見が一番の決め手で、網膜が剥離してから失明までの期間が1ヶ月とのこと。いかに早期発見が重要な病気です。

STEP2

網膜剥離にかかりやすいので、注意する必要がある人は以下です。

■強度近視の人

■白内障の手術を受けた事がある人

■糖尿病網膜症の人

これらの人は目に以上を感じたら、すぐに眼科を受診する事をおススメします。

発見が早ければ、手術で90%治る病気だそうです。

たか蚊飛症とあなどれないようです。

  
http://www.natures-health.co.jp/eye/hibun.html

上記は、蚊飛症のことが知りたくて参考にさせていただいたURLです。
目に大事なことが色々書かれています。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

72

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する