更新日: 2011-03-30 12:25:56

失敗しない花火の撮り方(デジカメ編)

著者: 蜜柑

編集者: おばばばば

閲覧数: 707

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by inoc

綺麗な花火を思い出のひとつとして、写真に収めようとしても、失敗して上手く写真が撮れなかったことはありませんか?
3つのポイントを押さえて、花火を撮りましょう!

STEP1 デジカメの撮影モードを設定し直す。

・最近のデジカメには花火撮影モードがあります。
・ない場合は夜景撮影モードを選びましょう。

STEP2 カメラを固定して撮影する。

・三脚などで固定して、ブレないようにします。
・三脚がない場合は、クッションなど代わりになるものに押し当てて固定して撮影しましょう。
花火撮影モードや夜景モードの特徴は、シャッターが長い時間開く、長時間露光撮影という方法で撮影しています。そのため固定する必要があるのです。

STEP3 シャッターのタイミング。

花火が開く瞬間にシャッター押すことがポイントです。
ステップ2でも触れましたが、長時間露光撮影のため、遅れてシャッターを押すと、花火の途中、または終わりに撮影なんてことになってしまいます。
ピントを合わせる場合は、先に打ち上がっている花火にピントを合わせてシャッターを半押し状態でスタンバイしておきましょう。

まとめ

シャッターを押すタイミングが重要

【PR】


このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

89

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
蜜柑

冬になったので、パイナップルから蜜柑へ名前を変えました。
甲子園観戦と読書が好き。

必要なもの

デジタルカメラ
脚立(カメラを固定できるもの)