更新日: 2011-02-23 14:40:02

家庭でジューシーなビーフステーキ

著者: しいず

編集者: しいず

閲覧数: 266

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Koji Horaguchi

皆さんビーフステーキを調理する時、そのまま焼いたりしてませんか。
科学的な根拠で柔らかいジューシーなビーフステーキを作ってみませんか。

STEP1 コツその1 叩いた後元に戻す。

まずすり鉢等でお肉を叩きます。この行為は肉の繊維を壊すのが目的だそうです。
叩いた後は、手で元の大きさに戻すようにすると言いようですよ。
また、筋の部分に包丁で切れ目を入れるとお肉が反り返らないようです。

STEP2 コツ2 お酒を使う

アルコールはたんぱく質を分解するのを助けてくれるようですよ。
ステーキ肉にお酒をしばらくつけておくと繊維が酵素の働きで柔らかくなるようです。

STEP3 コツ3 冷蔵庫から出しておく

冷たい状態よりも常温で置いておいたほうがいいようです(もちろん使う前に)
これもたんぱく質分解酵素が活性化するようなので、柔らかくなるようです。
生焼け防止にもなるようですよ。

STEP4 コツ4 焼くときは強火

肉の表面は強火で焼いて、うまみを素早く閉じ込めたほうが美味しいものができるようです。表面が焼けたら弱火にして好みの加減にします。
始めから、弱火で焼いていると、肉汁とともにうまみが逃げていくようです。

まとめ

以上のポイントを押さえて、焼いてみてください。美味しく仕上がると思いますよ。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

80

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
しいず

アメリカンカジュアル大好きでいろんなアパレルメーカーの物を、ネット通販などで購入しています。

必要なもの

お肉

コツ