更新日: 2011-02-23 08:28:27

お花見の人ごみを避けるコツ

著者: kumiko3

編集者: kumiko3

閲覧数: 1220

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

お花見をゆったり楽しむために・・・。

STEP1 [夜桜を楽しむ]

土曜日、日曜日の週末の日中は人ごみで歩けなくなるところもあるほど。
そんなときは、夜桜を楽しむのはどうでしょうか。
少なくとも子供が少ないので、ぶつかってきたりすることも少ないです。

おすすめは、金曜日の夜桜。
土曜日の夜は、まだ人が多いので、穴場としては金曜日。
もちろん平日にお休みが取れるようであればお休み前の夜桜といったものもいいでしょう。

ライトアップしている桜並木も多くあります。
雰囲気がよくて、ゆったりとお花見ができます。

STEP2 [会社の敷地を借りて]

以前勤めていた会社では、敷地内に桜並木があったため、そこでお弁当を食べたりすることもありました。
主人の会社でも、土日に会社の敷地を使ったお花見会があるようです。

会社の敷地内は、関係者以外は入らない場所。
もし敷地内に桜があれば、それをつかってお花見会っていうのもいいかもしれません。

STEP3 [マンションにお邪魔]

川沿いのマンションに、お邪魔したこともあります。
そのお宅のマンションのベランダから見る桜は圧巻。

こればっかりは、友人の住んでいる場所にもよりますが、人ごみとは全く関係なく桜を楽しむことができます。
その時は、お礼代わりの手土産に気合を入れて、感謝の気持ちを伝えるのを忘れずに!

STEP4 [お花見気分だけだったら]

お花見気分だけだったら、桜の枝が花屋さんで売っています。
今の時期から入手できるので、花瓶に入れておくとお花見気分になりますよ。

花粉症が気になる!っていう人にも、桜の枝を購入して家の中で楽しむ方法はおすすめです。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

87

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
kumiko3

好きなジャンル:料理(お菓子作り、パン作り)とコスメ。そして時々自動車、自転車も好き。

日々のモットー:毎日、楽しく過ごしたいというのがモットー!ス...