更新日: 2011-02-22 14:51:47

鳥のムネ肉をしっとり仕上げる方法

著者: しいず

編集者: しいず

閲覧数: 549

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by neco

安いけど、あのぱさぱさ感が駄目って事で、敬遠されがちな素材ですよね。
そこで科学的にしっとりと仕上げる方法をお教えいたします。

STEP1 揚げものにする場合その1

下味をするときに注意していただきたいのですが、塩を使わずにコショウだけで下味をつけるようにします。鶏肉は繊維が細かいようなので、塩を使うと、たんぱく質が溶けて、水分が逃げてしまうようですよ。

STEP2 揚げものにする場合その2

衣はしっかりつけるようにしたほうがいいようですよ。
揚げた時に水分が外に逃げにくくなるそうです。
揚げ時間も短くして、余熱で火を通すのがコツとされているようです。

STEP3 レンジで蒸す場合

加熱時間が長いと硬くなるので、フォークなどをムネ肉に刺して調理すると火の通りがよくなるようですよ。他に加熱後は、ラップをかけたまま冷やすと、水分を逃さず、しっとりと仕上がるようです。

まとめ

水分を逃がさないようにするのが、ムネ肉を調理するうえで必要な事のようです。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

62

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
しいず

アメリカンカジュアル大好きでいろんなアパレルメーカーの物を、ネット通販などで購入しています。

必要なもの

ムネ肉

フォーク

水分を逃がさない工夫