更新日: 2011-02-22 12:18:51

酒と愛欲に溺れた中世貴族詩人「リバティーン」

著者: すもお

編集者: すもお

閲覧数: 710

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by すもお

酒と愛欲に溺れた中世貴族詩人「リバティーン」

17世紀英国の実在の放蕩詩人ジョン・ウィルモット
こと第2代ロチェスター伯爵の半生が
恋愛を中心に描かれた映画、「リバティーン」を
見てみませんか?

ジョニー・デップが放蕩の詩人を演じています。

STEP1 1660年代のイギリス。

国王の宴で自作の卑猥な詩を詠み、追放されていた詩人ジョン・ウィルモット(ジョニー・デップ)は、恩赦により妻のエリザベス・マレット(ロザムンド・パイク)と共にロンドンに戻って来ました。

バーに立ち寄ったジョンは、国王チャールズ二世(ジョン・マルコヴィッチ)の親族の前で詩を頼まれた際、性描写にあふれた政府批判の詩を読んだという武勇伝を聞かせ、そのあと芝居小屋へ繰り出しました。そこでジョンは、隠れた才能を持つ女優エリザベス・バリー(サマンサ・モートン)に出会います。

STEP2

彼女への演技指導を申し出たジョンは、翌日からエリザベスと一対一の舞台稽古を始めます。そして、いつしか二人は惹かれ合うようになっていました。また、バリーの演技も高い評価を受けるようになります。

しかしジョンは、国王の依頼にもかかわらず、政府をこき下ろす劇を上演して国王を激怒させてしまいます。そして彼は、そのまま姿をくらましたのです。

数ヵ月後、ジョンは彼を慕っていた若者ビリー(ルパート・フレンド)を連れ、追っ手から逃げ回る生活を送っていました。

STEP3

ジョンは、かねてかた治療していた梅毒により、体が衰弱していました。ますます病気を悪化させていくジョンを支えるのは、忠実な召使と娼婦のジェーン(ケリー・ライリー)だけでした。

やがて死期を悟ったジョンは、教会で聖書の一節を聞きふいに改心し、初めて国王の役に立ち、そしてバリーに会いに行きます。バリーは、ジョンとの娘を産んだことを告げます。しかし、彼の愛は撥ね除けました。そして結局、ジョンは妻マレットのもとに帰り、33年の短い生涯の幕を閉じるのでした。

まとめ

監督は、 ローレンス・ダンモア 。
2004年制作のアメリカ映画です。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

55

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
すもお

こんにちは。
活字中毒でかぶりもの好きな☆すもお☆です。
オバフォー独身です。

中学から美大の付属に通い、風変わりな事物に慣れ親しみました。紙媒...

必要なもの

リバティーン