更新日: 2011-02-22 11:59:53

PDCAを活用して仕事の効率を上げよう

著者: MIRANDA

編集者: MIRANDA

閲覧数: 451

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by bsabarnowl

PDCA(Plan-Do-Check-Action)をちゃんと積み重ねて仕事をしていますか?
「計画を実行し、確認してから、行動する」
このサイクルをスムーズに回しながら仕事をすると、仕事の効率があがります。

STEP1 今抱えている問題を理論的に考える事が大切です。

無意識に出来る人はほとんどいません。
日々意識して、頑張ってみましょう。

STEP2 目的、結果、前提を明確に把握する

最終目的、結果をまず考えます。
どうする事が最善か。
そして、その結果や目的を導き出すために、前提になる条件は何なのかを明確にしましょう。

STEP3 これから起こりうる問題を考える

目的、結果、前提が明確に把握できたら、そこまでに辿り着くまでの問題点を考えましょう。問題が起こってから対処方法を考えたのでは、遅すぎます。
どんな問題が起こっても、あわてずに対処できるように、対応策を準備しておきましょう。

STEP4

この考え方は、慣れるまでは効率が逆に悪くなることもあります。
しかし、一度身についてしまうと、考える速度が確実にアップします。
私は10年以上前に「クリティカルシンキング」を学びましたが、この方法が全く抜けません。無意識に使用してしまうようになってしまいました。

独学で身に着ける事が出来ない場合のおすすめは↓
「グロービスマネジメントスクール」クリティカルシンキングコースです。
http://gms.globis.co.jp/
働いていても、学べるように、授業は週末、夜間になっています。
同じ悩みを持つ、たくさんの社会人の方たちと一緒に学んでみるのも、良い機会かもしれません。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

19

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する