OKWAVE Guide 印刷用:あなたの足は左利き?右利き?|OKWAVE Guide[OKWAVE ガイド]
Large a

あなたの利き足はどちら?
利き足を知れば、苦手だったあのスポーツがちょっとは克服できる!
利き足を簡単に知る方法があります。

ぜひ、運動会の前にチェックしてみてくださいね★

【ステップ1】

利き手はどちらかということは、箸を持つ方、ペンを持つ方、ボールを投げる方・・・と、すぐにわかりますよね。
でも、利き足ってどちらか分かりますか。
また、自分の子どもの利き足ってどちらか分かりますか。

【ステップ2】

なぜなら、スポーツをする際に、利き足を知らなかったがために、損をしていることが大いにあるからです。

特にそれが如実になるのが陸上競技。
スタートダッシュする時、どちらの足を前に出すか、これによってスタートが違います。

また、走り幅跳びで踏み切る足はどちら?
走高跳はバーに対してどちら側から走りこみますか?
ハードルは、どちらの足を前に出しますか?

利き足によって違うこれらの足の動き。
これによって、陸上競技が今より上手になるかもしれません。

【ステップ3】

簡単に分かる方法があります。
みなさん、片足で立ってけんけんを長くしてみてください。
長く立つために、やりやすい方で立って下さいね。



どちらで立ちましたか?
右足で立ったあなたは・・・・・・左利きです。
左足で立ったあなたは・・・・・・右利きです。

【ステップ4】

スタートダッシュする時、左足を前に構えます。
走り幅跳びの時は、左足を踏ん張ります。
走高跳の時は、バーに向かって右から走ります。
ハードルは、右足を出すようにしてとびます。


左利きの人は上記の逆になります。
これは私の経験上で統計ではありませんが、左利きの人が少ないようですので、
たとえば体育の授業で先生が足を指導する時に違和感を感じる時があります。
また、みんなが走高跳で右からとんでいるからと右から飛んでなんか変だなぁと感じる時があります。
自信を持って、左から飛びましょう!

【ポイント】

幼稚園の運動会の前、また、小学校入学前にお子さんの足を見てあげてください。
そうすれば、ちょっとは陸上競技が前より得意になるかもしれませんよ。