更新日: 2011-02-21 21:11:27

【Android】Desktop Visualizerを使ってアプリのアイコンを自由に変える方法

著者: ハム

編集者: ハム

閲覧数: 2752

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by ハム

どんなにお気に入りのアプリや便利なアプリでも、アイコンがかっこ悪いことって良くありますよね?自由にアプリのアイコンを好きな画像に変更できるデコレーションアプリ、「Desktop Visualizer」をご紹介します。
本アプリ、正確にはアイコンを好みの画像に変えて、ホーム画面にアプリなどのショートカットを作るアプリケーションです。アプリの大元のアイコンを変更できるわけではありません。とは言え、ホーム画面に置くときにアイコンのデザインは重要ですよね。設定方法は非常に簡単で3ステップで行えます。

STEP1 まずは1つ目、”アクション選択”です。

これから設定するアイコンをタップした時にどんなアプリを起動するのかや、どのような働きをするのかを指定する事を意味しています。「アプリケーション起動」と「その他」がありますが、「その他」を選択すると、アプリ以外にもブックマークや設定までもショートカットとして設定することが可能です!
やはりここでは、アプリケーションを選択してみましょう。例えば”マーケット”を選択します。すると先ほどの設定画面の四角の枠の中に選択したアプリが表示されます。まだアイコンはそのままです。

STEP2 2ステップ目

次は選択したアプリを表示するアイコンを選びます。”アイコン選択”を押します。


ここで”画像ファイル”を選択すれば、自分の持っている画像をアイコンとして表示させることが可能です!”アプリアイコン”を選択すると「アイコンはブラウザなのに押すとマーケットが起動する」という様に、インストール済みの別のアプリのアイコンを使用することが出来ます。少しややこしくなる気もしますが、これは自分にしか分からない暗号アイコンのように出来て面白いかもしれませんね。
そして、”アイコンパック”。これは「Desktop Visualizer」の追加要素としてマーケットからダウンロードしたアイコンがパックになったアプリを使用するものです。アイコンパックはマーケットからダウンロードしておく事で使えるようになります。マーケットで「Desktop Visualizer」で検索して現れるアプリの中から、お好きなものをインストールしてください。今回は”アイコンパック”を使用してみましょう。
アイコンパックにはテーマごとにいくつかの画像が入っているので、好きなアイコンをタップして選びます。すると設定画面の「アイコン」の四角の枠に選んだものが表示されます。ここまでくればもうお分かりでしょうが、「アイコン」で選んだ画像をタップする事で「アクション」で選んだ行動を行う、という形が出来上がります。

STEP3 とうとう3ステップ目です。

これが終われば「Desktop Visualizer」がホーム画面にショートカットを作成してくれます!
“ラベル”の欄でショートカットの表示名を設定します。今回は”マーケット”を”Androidマーケット”という風に変更してみました。これで全てのステップは完了です。最後に”OK”を押しましょう!
すると、画面がホーム画面に切り替わり「Androidマーケット」という名の羊のアイコンが現れました!!もちろんアイコンをタップするとマーケットが開きます。

まとめ

Photo by ハム

ホーム画面に表示されるショートカットのアイコンを自由に変更、選択する事ができるアプリです。アイコンが気に入らないアプリをホーム画面に設置する時に、もっと大きく表示させたい時に、アイコンに統一感を持たせたい時に、ホーム画面のデザインにこだわりたい時に、おすすめです。

ダウンロードしたい方はこのQRコードか、下のURLからどうぞ
ダウンロードURL
https://market.android.com/details?id=jp.co.bii.android.app.dskvzr&feature=search_result

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

85

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ハム

まだ慣れていませんので、変なところがあったら編集してくれるとうれしいです。