更新日: 2011-02-21 20:56:16

【android】HOME画面をカスタマイズするアプリ3種類紹介

著者: ハム

編集者: ハム

閲覧数: 14965

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by ハム

Androidのホーム画面って正直、余りかっこよくないと思っている方は多いですよね。
ステータスバーやフォルダは確かに便利何ですがだけど見た目が良くない。実はホーム画面はアプリを使えば変更できるってご存知でしたか?今回はそんなホーム画面アプリの中から、3種類をまとめてご紹介します。

STEP1 ●Home++

Photo by ハム

■ステータスバーを消して必要な情報は画面下に集約
Home++最大の特徴はホーム画面下部の「PowerStrip」。通常のAndroidホーム画面では下部にはアプリケーションタブへのショートカットが表示されているだけでしたがHome++ではここに様々なショートカットや情報を表示できます。
ショートカットは、電話や検索、ブラウザ(標準ブラウザ以外も指定可能!)にブックマーク、Home++内蔵のタスクマネージャ―など実に多彩な種類から好きなものを選んで置くことができます。また、ホーム画面上部のステータスバーを消すこともでき、代わりにその情報を下部に表示することもできます


■画面を増やせます。
Home++画面の数を最大7画面まで増やすこともできます。これだけあれば、アプリをフォルダごとに管理するのではなく、画面ごとに管理、なんてことも できちゃいます。
また、最初と最後の画面がループします。画面の数が増えると端から端まで移動するのが大変なのですが、このおかげで移動も手間に なりません。
さらにHome++の便利な点が「Screen swither」機能。全画面のキャプチャを表示して、その画面へ一発ジャンプ!画面が多すぎて迷ってしまう、なんてこともありません。
Home++の実際の動きを動画でご紹介。画面のループとScreen Switcherで快適な画面遷移ができます。また、PowerStrip自身がスクロールできるので、ショートカットをたくさん配置可能です。


デザインも操作性も標準のホーム画面より向上すること間違いなし、の一押しアプリです。これだけ便利でさらに無料!是非一度お試しください。

STEP2 ●Home Switcher

Photo by ハム

■ホーム画面をワンタッチ切り替え

機能はとても単純。アプリを起動すると端末にインストールしてあるホームアプリの一覧が表示されます。上部には現在デフォルトに設定しているホームアプリが表示されます。
一覧で表示されたホームアプリの横には「set default」、「launch」のアイコンが表示され、「set default」をタッチするとデフォルトのホーム画面の設定を変更できます。「launch」をタッチするとアプリが起動します。
ホーム画面の設定を変更して使用する際は「set default」で設定を変更して「launch」で起動させればすぐに使うことができます。「set default」の設定を変更するだけだとホーム画面に戻ったときにデフォルトのホーム画面の設定は変更されているのですが、古い状態のホーム画面が表示されます。

■場面に合わせたホーム画面を変更ができる

ホームアプリのウィジェットやショートカットの設定はホームアプリそれぞれに記録されています。この機能をうまく活用してホーム画面に配置するウィジェットやショートカットを利用シーンに合わせて設定しておきましょう。そして、ホーム画面をワンタッチで切り替える『Home Switcher』を利用すればTPOに合わせて恥ずかしくないホーム画面で使い分けることができます。
ホームアプリをワンタッチで切り替えることのできるアプリ。切り替えが簡単にできるのでプライベートやビジネスなどTPOに合わせてホーム画面を使い分けるのにも便利です。

STEP3 ●PandaHome

Photo by ハム

ホーム画面の機能をまるごと入れ替えることで新たな操作感や機能を追加することができるアプリです。設定はホーム画面を長押しから行えます。


主な設定項目

・Themes:テーマを一括変換
・Setteing:システムの設定
・Download:テーマをダウンロード
・Dockbar:サイドバーの設定
・Icon-Hide:アプリケーション一覧のアイコンを設定
・ThemeModule:テーマを個別を変換
・Multi-Screen:面数を設定
・SkinColor:色調を設定
・Drawer:アプリケーション一覧の表示を設定
・LockScreen:ロック方法を設定
・Share&Feedt:情報を共有
・What’s New:お知らせ
・Help:サポート


■ホーム画面を増やす

XperiaやHT-03Aのデフォルトのホーム画面は、メイン画面と左右1面ずつの計3面で構成されています。『PandaHome』では、最大11面まで増やすことができます。アプリショートカットやウィジェットが増えてホーム画面が足りなくなった時にとても便利な機能です。ただ、11面すべてセットすると目的の面までスライドするのが大変なので、操作性とのバランスを考慮して面数をセットするとよいでしょう。僕は3枚では少し物足りない感じだったので 5枚にして使っています。


■アプリはサイドバーからいつでもアクセス可能

アプリのショートカットはホーム画面に配置するほかに、両サイドに隠れているサイドバーにも配置させることができます。ホーム画面の枚数を多くセットしたときに、いちいちアプリを探してホーム画面を左右に動き回る必要がありません。サイドバーは最大6つまで増やすことができます。設定からバーのサイズ、色、透過具合を調節できます。ショートカットさせるアプリをジャンルごとに色分けして配置するとひと目でジャンルが分かって便利です。


■アプリ一覧はリスト化してスッキリ表示

下のアプリケーションバーからアプリケーション一覧の表示方法を変更することができます。

・Grid View:デフォルトと同じアイコンがメイン
・List View:アプリ名がメイン
・Horizontal Sliding :Grid View とList Viewを左右のスライドで切り替え可能


■アプリケーションを隠す

アプリケーション一覧内のアプリ表示をアプリごとに非表示設定できます。アプリをたくさん入れているとアプリ一覧から使いたいアプリを探すのが大変になります。ショートカットとして配置しているアプリやウィジェット専用のアプリを非表示にしておけば表示アプリ数が減り、探しやすくなるはずです。

■テーマに合わせて一括変更

デザイン壁紙、デフォルトアプリのアイコン、アプリケーションバーのデザインをテーマごとに変更することができます。テーマは50種類あり好きなものをダウンロードしてきて変更します。壁紙のデザインは通常の設定手順でからもとに戻せます。アイコンとバーのデザインはそのままで壁紙は自分の好きなものへ戻すこともできます。変更は通常の壁紙設定と同じでホーム画面を長押しして変更してください。



■端末の向きに合わせて表示を変更

デフォルトでは端末の向きを変えても表示が変わりませんが、『PandaHome』は向きを変えるとアイコンを配列しなおして表示します。縦表示がケータイ的なのに対して、横表示にするとタブレット的な印象を受けます。横表示させたくない場合は、『PandaHome』専用ウィジェットでON・ OFFの切り替えができます。このウィジェットからは他の機能もショートカット操作ができます。


ホーム画面の設定をまるごと変更できるアプリ。デフォルトにはない機能もあり、ホーム画面を便利にカスタマイズすることができます。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

112

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
ハム

まだ慣れていませんので、変なところがあったら編集してくれるとうれしいです。