更新日: 2011-02-27 12:55:58

開始!!子宮頸がん予防ワクチンの無料接種

著者: satsuki

編集者: satsuki

閲覧数: 520

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by satsuki

待望の、子宮頸がん予防ワクチンの
無料接種が2月15日からスタートしました。
これまで、予防接種法に基づかない任意接種の
予防接種である為、
かなり高額な自己負担のものでしたが
対象者に対し、松山市が全額助成してくれます。
対象者・期限がありますので紹介します。

STEP1 ☆子宮頸がんは予防できる時代に!!

新たな予防法である子宮頸がん予防ワクチンは、
原因となりやすいヒトパピローマウイルス(HPV)
16型と18型の感染を予防するワクチン。
(子宮頸がんの原因の3/4を占めるHPVの型)
これらの型には9割以上の効果がありますが、
他の型や すでに感染しているHPVには
効果がありません。
10歳以降から接種可能で、性交開始前が良いと
されています。成人は がん検診を受けてから。

STEP2 ☆ 全額助成の対象者

中学1年生~高校1年生相当年齢の女性
(H22年度はH6年4月2日~H10年4月1日生まれ)


接種回数は3回です。


接種希望の方は、松山市の委託医療機関に予約すれば
無料で接種することができます。
予診表は各委託医療機関にあるので、
母子健康手帳・健康保険証などがあれば大丈夫です。

STEP3 対象者であるのに、すでに自費で接種した!!という方は

平成22年12月27日~平成23年2月14日の間に
市内の医療機関で接種したのであれば
接種費用の払い戻しが出来ます!!

□ 印鑑(朱肉を使うもの)
□ 申請者の口座番号の分かるもの
□ 医療機関発行の領収書(レシート不可)
□ 母子健康手帳(接種が確認できるもの)

以上を持参して市保健所(保健予防課)で手続きしましょう。
★申請期間は 2月15日~3月31日までです!!

まとめ

ワクチンの全額助成は、平成23年度末までの予定になっています。

H6年4月2日~H7年4月1日生まれの人が、
H22年12月27日~H23年3月31日までに1回以上接種した場合は
4月以降も残りの接種回数が無料になります。

 問い合わせは・・・松山市保健所  TEL 089-911-1858
                        FAX 089-923-6062

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

86

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する