更新日: 2011-02-21 21:39:43

ゴマの力で、肝臓を健康に

著者: Lavandin

編集者: Lavandin

閲覧数: 964

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by _temaki_

ゴマには、生命力がぎゅっと詰まっています。

特に、肝臓を強くしたい人にはおすすめです。

ゴマの凄い力を知って、健康な毎日に役立てましょう。

STEP1

Photo by seelensturm

ゴマは中国では「食べる丸薬」と呼ばれるほど、多くの栄養素が含まれています。

ゴマはアフリカが原産で、黒ゴマ、白ゴマ、黄(金)ゴマ、茶ゴマなどがあります。

ゴマの効用には、次のようなものがあります。

・動脈硬化の予防
・高血圧の改善
・貧血改善
・肌や髪の若返り
・骨や歯を丈夫にする
・疲労回復
・冷え症の改善
・老化予防
・抗酸化作用
・精神安定
・不眠症予防

などなど

STEP2

ゴマには、リノール酸やオレイン酸が豊富に含まれており、コレステロールを抑えて血管を健康に保つはたらきがあります。

ゴマのたんぱく質には、体に必要な必須アミノ酸がバランスよく含まれています。

また、カルシウム、鉄、マグネシウム、リン、亜鉛などのミネラルが多く含まれています。

ビタミンB1、B2は、疲労回復や疲れ目などに効果があります。

STEP3

ゴマは、肝臓にとっては、他の食品にはない特別な働きをします。

ゴマの抗酸化物質である「セサミン」は、肝臓に届くまでは活性せず、肝臓に届いて初めてその力を発揮するのです。

肝臓は、東洋医学で「肝腎かなめ」といわれるように、内臓の中でも大切な役割を担っています。

肝臓が弱ると、心臓や胃腸など、他の臓器にも血流が行き届かなくなるため、疲れやすくなったり、生活習慣病を引き起こしやすくなります。

STEP4

肝臓は、アルコールを飲まない人でも、飲みすぎや食べすぎ、睡眠不足などの生活習慣から、疲れが溜まりやすい臓器です。

また、パソコンやゲームなどで目を酷使したり、怒りなどのストレスを溜めることも、肝臓に影響します。

慢性疲労症候群といわれる症状や心身症、子どもの問題などにも、この肝臓の疾患が隠れているといわれています。

普段から、肝臓に負担をかけない生活を心がけましょう。

STEP5

すりゴマやペーストになったものが、体にも吸収されやすいので、ゴマ和えやふりかけなどにしていただくようにしましょう。

ゴマには油脂も多く含まれているので、摂りすぎには注意した方が良いですね。

肝臓を丈夫にして、いきいきとした生活をするためにも、ゴマを毎日摂るようにしたいものです。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

119

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
Lavandin

音楽や美術、写真などのアート、旅行、フランス語学習、料理、健康、カフェめぐりなどが趣味です。

現在、心理カウンセラーの勉強中です。
アロマテラピー...