更新日: 2011-02-21 14:08:03

人が落ち着く色彩

著者: しいず

編集者: しいず

閲覧数: 510

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by Kuruman

人が家にいて落ち着く色ってどんな色でしょうか。
カーテンや、カーペットなど、ご購入予定の方などにお教えいたします。

STEP1

住まいのカラーコーディネートであれば、床は濃く、壁、天井と上にいくに従って明るくしていくといいようですよ。
くつろぎということでリビングルームの配色を考えれば、ベースカラーとしては、黄味の入っている暖色系が適しているようです。
壁や天井はオフホワイトかベージュ、照明は蛍光灯ではなく、白熱灯か白熱色の蛍光灯がよいようです。
アクセントをつける小物に純色を使うと、部屋が生き生きとしてくるようですよ。
ベージュやパステルカラーなどは、もっともリラックスできるようです。

STEP2

ブルー(海)、グリーン(緑)、ベージュ(土)…といった、自然界に存在するアース・カラーもいいようです。 また、ノートの紙やパソコンの壁紙等が緑色だと、目が疲れにくいそうですよ。あと、部屋のインテリアでは、天上の色が、壁や床より濃い色だと、精神的に落ちつかなくなるらしいです。

STEP3

でもやはり、自分の好きな色・デザイン・質感がいいと思いますよ。
落ち着くのは見える色だけではなく、やさしい質感や温もりを感じる材質と環境なようです。自然環境にある色彩は人を癒します。温もり色は食べ物、肌色の延長で、状態によって使い分けてみるといいと思います。

まとめ

あとは光の具合でも色はまったく違う発色の仕方をするようです。蛍光灯と白熱灯とでは見える色が全然違うようですよ。
その部屋の使う用途によって選んで設置すれば、とてもリラックスした時間が送れると思います。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

38

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
しいず

アメリカンカジュアル大好きでいろんなアパレルメーカーの物を、ネット通販などで購入しています。

必要なもの

使い分け

リラックス空間