更新日: 2011-02-21 11:29:08

おいしい水の見つけかた

著者: m711

編集者: m711

閲覧数: 206

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by kawanet

みなさんは、ミネラルウォーターを買う場合、どのように選んでいますか?
現在日本では、およそ1000種類ものミネラルウォーターが売られているそうです!
もちろん、おいしいと思うものを選んでいる方もいると思いますが、
なんとなくコレかな…なんて買っている方!
自分に合った水が見つかるかもしれませんよ!

STEP1

先ほど1000種類ものミネラルウォーターがあると言いましたが、
それらは大きく4種類に分けられます。
まず、「ナチュラルウォーター」。
これは特定の水源から採取された地下水を水源とし、沈殿、ろ過、過熱殺菌処理以外の物理的・化学的処理を行わないものです。
次に、日本で生産されている商品の80%を占める、「ナチュラルミネラルウォーター」。
これはナチュラルウォーターのうち、地中海の無機塩類が溶解した地下水を原水としたものです。
そして「ミネラルウォーター」。
これはナチュラルミネラルウォーターを原水に、品質安定を目的としたミネラル調整、ばっ気や、複数の水源から採取したナチュラルミネラルウォーターを混合しているものです。
最後に「ボトルドウォーター」。
これは地下水以外のものです。

STEP2 また、ステップ1で示した種類とは別に、

硬水と軟水の違いでも分けられます。
水の硬度とは、中に含まれるカルシウムイオンとマグネシウムイオンの量です。
これを、炭酸カルシウム量に換算して表しています。
軟水とは、この炭酸カルシウムの量が0~59mg/L、
硬水とは120~179mg/Lのものを言うのだそうです。
ミネラルの少ない軟水は香りを引き出す力が強いので、コーヒーや紅茶、緑茶を淹れたり、ウイスキーを割ったり、ご飯を炊いたり、だしをとったりと、さまざまな場面で効果を発揮してくれます。
また硬水は、エスプレッソの苦味をまろやかにしたり、肉の旨みを引き出してくれます。

まとめ

自分の好きな種類の水を見つけたら、
今度は料理に合わせて水を変えてみるのも、料理・水、それぞれが引き立つ決め手かもしれませんね!

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

15

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する