更新日: 2011-02-21 10:59:08

セスキ炭酸ソーダで黄ばみを取る

著者: harisenbon-h

編集者: harisenbon-h

閲覧数: 4659

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by ototadana

100円ショップなどで売っているセスキ炭酸ソーダで洗う。

STEP1

重曹よりも強いアルカリ性ですが一晩洗濯機に水とセスキを入れてつけ置きして水洗いすると、黄ばみなどもとれます。

ワイシャツやカッターの襟の黄ばみのつけ置き洗いや、学校などで使う柔道着の汗で黄色くなった部分のつけ置き洗いにも、OK。
ただし、お湯で洗うと柔道着は縮みますので気をつけてください。

STEP2

皮脂のついたブラシやファンデーションの化粧用スポンジもつけ置きできれいになります。

STEP3 油汚れの食器にも使えます。

セスキ炭酸ソーダ5ccを100ccの水に入れ薄めて、霧吹きなど容器に入れて使います。
魚や油料理の皿に数回かけて数分置いて、一度水をかけて普通に洗うと通常の洗剤の量が少なくてすみます。

まとめ

漂白剤で生地を傷めたくない時など、試してみてください。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

98

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する