更新日: 2011-02-21 06:07:57

パセリに昆布…いろいろ入れて部分浴を楽しもう

著者: milchman

編集者: milchman

閲覧数: 412

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by hirota_kenichi

手や足から体を温める「部分浴」ですが、ただのお湯にいろいろ入れるとグレードアップ。ユニークなものをご紹介します。

STEP1 ■パセリ湯

パセリ湯には、肌の水分量を増やす効果があります。
乾燥パセリをお茶パックに入れて、糸で縛ります(縛らないと中身が出ますので注意)。お湯に浮かべ、うっすら緑色になったら入りどき。手や足を20分ほど浸してみましょう。
生パセリを使う場合は、お茶パックを使わずそのまま入れてもOKです。

STEP2 ■カモミール湯

乾燥カモミールをお茶パックに入れて、パセリ同様糸で縛ります。こちらは香りがよいので、リラックス効果が抜群。手や足を20分ほど浸します。

STEP3 ■昆布湯

だし用の昆布を5cm角に切って、お湯に入れ、手や足を20分ほど浸します。肌水分量の増加、肌のキメを整える効果も期待できます。

STEP4 ■その他

みかんやグレープフルーツの皮、日本酒、セロリなども効果的です。
もちろんエッセンシャルオイルも効果的なので、お手持ちのものがあったらお試しください。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

47

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する