更新日: 2011-02-21 03:37:07

高齢者ばかりでなく、20代~40代の[孤立死]が続発といいます。せめて発見を早くするには?

著者: tikumanikki

編集者: tikumanikki

閲覧数: 431

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by tikumanikki

一人暮らしの20代~40代も「孤立死予備軍」になっているといいます。
孤立死に遭った部屋は、事故物件となり賃料を大幅に値下げされたりするなど、他人にも金銭的な損失を与えます。

STEP1

悲惨なのは亡くなった当人だけではなく、残された周囲の人たちにも及びます。

賃貸住宅の大家さん、他遺族にしても、腐敗の進んだ遺体を見せられれば、戸惑うでしょう。

STEP2 高齢者の場合は、値域のセーフティネットワークがあります。

団地では自治会などのネットワークで、孤立死を防いだり、死体を早期発見することも可能でしょう。

しかし、一般住宅に住む人にはそれらのものがなく、死亡してから発見されるまで時間がかかります。

実際、孤立死の死体はむごたらしく悲惨です。死後10日も過ぎると大量のハエが発生し、第一発見者が故人の部屋のドアを開けた途端、ハエの大群が迫ってくるといいます。孤立死発見のキッカケは異臭によることがほとんどなのだそうです。

STEP3

実態も掴めない家族と離れて一人暮らしをする20~40代も、今や『孤立死予備軍』と認識するべきでしょう。

若い人は、ニュースはテレビでみたり、ネットで見るからすむので、新聞を取っていない人が多いのも、発見の遅れる理由といえます。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

50

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する