更新日: 2011-02-21 01:53:07

人種差別に戦った異色人種間の友情「遠い夜明け」

著者: すもお

編集者: すもお

閲覧数: 773

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by すもお

人種差別に戦った異色人種間の友情「遠い夜明け」

アパルトヘイト下の南アフリカ共和国で、
自由な理想社会を叫ぶ黒人男性と
彼を支持する白人男性との熱い友情を描いた物語、
「遠い夜明け」を見てみませんか?

想像以上のアパルトヘイトの実態が、明らかにされています。

STEP1

1975年11月24日、南アフリカ共和国ケープ州クロスロード黒人居留地。突然、武装警官の集団が次々と黒人たちを襲いました。大地は、黒人たちの叫び声とともに血で染まって行きました。

やがて、「平穏無事に公衆衛生が行なわれた」という放送がラジオから流されました。黒人運動家のスティーヴ・ビコ(デンゼル・ワシントン)を白人差別の扇動者だと批判していた「デイリー・ディスパッチ」新聞の編集長ドナルド・ウッズ(ケヴィン・クライン)は、黒人の女医ランペーレ(ジョゼット・シモン)に案内されて、ビコを訪れました。

STEP2

ビコはウィリアムズ・タウンで公権喪失の宣言を受け拘束下にありましたが、許可地以外の黒人居留地にウッズを案内しました。ウッズは、自分の新聞社に2人の黒人を雇いました。

彼は、自分の信じる道を歩き続けるビコに心を揺り動かされます。そんなビコは幾度となく逮捕され、警察の暴力を受けていましたが、ひるむことなく自分の考えを主張し続け、日ましに支持者を増やしていくのでした。

ところがある日、彼が作りかけていた村が覆面の男たちに襲われてしまいます。この中
に警察署長がいたことを知ったウッズは、クルーガー警視総監(ジョン・ソー)に訴えますが、全ては彼の命令で動いていたのです。

STEP3

やがてウッズにも監視の眼が向けられ始め、彼の新聞社で働いていた2人の黒人が逮捕されます。

その頃、独房に入れられていた黒人男性が自殺するという事件が起こります。調査の結果、看守が糸で吊ったマペトラの人形を囚人に見せたという事実が判明。このような不穏な動きによって、ケープタウンの黒人学生集会に参加するために旅立ったビコは、途中の検問で逮捕されてしまいます。狂気のような拷問の続くなか、1977年9月12日、彼は遂に帰らぬ人となってしまいました。

この知らせに人々は涙を流し、ウッズの心に堅い誓いを立てさせました。自由を求めた闘士ビコの姿を全世界に伝えることを。

STEP4

この頃、彼への弾圧は激しくなり、妻や子供たちまでもが危険にさらされ始めます。命の保障さえもない状況の中、彼はビコの死の真相を暴き、英国へ行くことを決意します。

家族以外の人間とは同時に1名以上と接触できないという厳重な監視のもと、ビコとの友情に生きようとするウッズ。彼のひたむきな姿に、妻のウェンディ(ペネロープ・ウィルトン)は心を打たれます。

そしてまた、ウッズが閉塞状況の中で書いた原稿を国外へ持ち出そうという計画が練られました。そして1977年大晦日、ウッズは不滅のビコの姿を胸に、妻と5人の子どもたちと別のルートを取って、自由の証を手にするために、危険な旅に出たのです…。

まとめ

監督は、リチャード・アッテンボロー。
1987年制作のアメリカ映画です。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

42

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
すもお

こんにちは。
活字中毒でかぶりもの好きな☆すもお☆です。
オバフォー独身です。

中学から美大の付属に通い、風変わりな事物に慣れ親しみました。紙媒...

必要なもの

遠い夜明け