OKWAVE Guide 印刷用:野生の鶴を見る|OKWAVE Guide[OKWAVE ガイド]
Large a0002 001386

必要なもの
季節によっては防寒具

野生の鶴を探して、見てみましょう。

【ステップ1】

鶴を見ることができる場所は、
あまり多くはありません。

有名なところは、釧路湿原ですね。
ここのタンチョウは留鳥なので、
ほぼ一年を通じてみることができます。

また、冬に鶴が飛来する場所もあります。
北国では冬季に、渡来する鶴の姿をたまに見ることができます。
また、鹿児島くらいまで飛来する鶴もいます。

飛来する場合も、基本的に湖沼、川や、湿原で休息しますので、
そうした場所で観察できることがあります。

【ステップ2】

湖沼に行けば、特に北海道だと鶴を見られる可能性が高いですが、
運悪く会えないこともあります。

しかし、鶴を観察できるスポットであれば、
近くに鶴センターがあることも多いです。

そのようなところへ行けば、
鶴を観察できる確率も上がりますし、
鶴に関する資料などを見ることもできます。
初めての方は、そうした所に立ち寄ってみてもよいでしょう。

【ステップ3】

鶴は、北海道以外では、冬に飛来することが多いので、
長時間観察していると、身体が冷えてしまうことがあります。

そこで、ついでに温泉に入って温まるとよいでしょう。
北国には沢山温泉がありますし、
観察スポットの近くに天然温泉があることも多いです。

特に旅行でウォッチングを堪能したら、
ついでに温泉へと立ち寄ってみてはいかがでしょう。

【ポイント】

鶴は可愛いですね。旅行がてら堪能してみましょう。