更新日: 2011-02-20 20:24:09

酒粕パックの作り方

著者: kakoteke

編集者: kakoteke

閲覧数: 2375

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by casek

酒蔵の人の肌は白いといわれます。
これは毎日酒粕に触れているからだとか。
その酒粕を使って敏感肌にも安心の
パックを作ってみましょう。

STEP1 【作り方】

① 細かい粒々がなくなるように、酒粕をすり鉢でていねいにすって
  いきます。

STEP2

② 精製水をくわえて混ぜます。水道水を使う場合は、一度沸騰させて
  冷ましておくか、浄水器を通したものであれば大丈夫です。
  ※水のかわりに日本酒で作れば、より効果の高いものができます。

STEP3

③ 密閉できる瓶に入れて冷蔵庫で保存します。瓶の口には直接手を
  触れないようにしましょう。1週間で使い切ってください。

STEP4 【使い方】

 顔はもちろん、手足、かかと、膝など全身に塗って使えます。
 15分程おいたら洗い流します。

 酒粕には強力な美白・保湿・保温効果があります。空気が乾く季節、
肌のトラブルで最も多い乾燥肌にも、酒粕は抜群の効果を発揮します。
また、布に包んで輪ゴムなどで縛り、入浴剤として使えば、全身の毛穴
を開いて老廃物を取り除き、にきびなどの吹き出物のほか、アトピー
性皮膚炎にも良いとのことです。まだまだ寒い日もあり、酒粕パックで
ポカポカに温まって美白を目指しましょう!

まとめ

酒粕はスーパーでも割に安価で売られています。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

113

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

(分量:1週間分)
・酒粕…踏み粕なら30g、
     板粕なら15cm四方を1枚
・精製水または水…180ml