更新日: 2011-02-19 23:06:55

きれいを目指す!効果的な化粧水つけ方3ポイント

著者: evergreen712

編集者: evergreen712

閲覧数: 946

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by li-penny

冬になると、空気中の水分が少なくなり、肌も
乾燥しやすくなります。乾燥をほおっておくと、
次第にしわの原因にもなります。
効果的な化粧水の方法を3つのポイントで紹介します。

STEP1 化粧水はしっかりつけましょう。

肌の状態にもよりますが、手のひらに出す量の目安は
100円玉から500円玉くらいのサイズです。
コットンに出す方法もありますが、手のひらの方法が
どちらかといえばベストです。

STEP2 顔全体にやさしくなじませましょう。

強く押し付けるのではなく、ゆっくりつけましょう。
また、まぶたや唇のまわりなどは皮膚が薄いので、
とくに柔らかいタッチで、指先でなじませます。

STEP3 最後に少してのひらに残った化粧水も大切にします。

両手でほっぺた、おでこ、口の周りなど、手のひら全体を
使ってやさしく押します。
これにより、化粧水が体温であたためられて、より
肌へと浸透しやすくなります。

まとめ

季節や肌の状態によって使う化粧水の量は変えましょう。
いろんなメーカーからいろんな特徴の化粧水がでています。
自分のその時の肌に合ったものを探すといいですね。
なお、余ってしまった、使い終わる前に古くなってしまったなど
化粧水が残っていたら、体部分に使うのもありですね。

化粧水の後、保湿を高めるために乳液やクリームを使って、
水分が逃げないようにキープしましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

90

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

必要なもの

化粧水
乳液