更新日: 2011-02-19 22:26:49

簡単☆節水術

著者: kakoteke

編集者: kakoteke

閲覧数: 306

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by emrank

簡単なのに節水効果抜群の方法を
ご紹介します。

STEP1

 節水コマを取り付けることで水道代を節約することが出来ます。
節水コマは通常のコマに比べて下部の出っ張りが大きめに作られていて、
それにより流水量を抑える効果があります。

 蛇口を90度開いた状態で1分間あたり、通常のコマだと12リットルの
流水量なのに対し、節水コマなら半分の6リットルに抑えられます。
90度~150度あたりが最も節約効果が高いのですが、全開にした状態なら、
通常のコマと変わらない21リットルの流水量になります。

1日30分利用するとして節約効果は180ℓ、1ヶ月にすると5400ℓと大きな
節約効果が期待できます。1リットル0.24円とすれば1ヶ月1400円の節約
ですね。金額を目にすると関心が高まってきませんか?

STEP2

 節水コマは、水道局によっては無料で配布してくれる所も少なくありません。
1度問い合わせてみてはいかがでしょう?ホームセンターなどでも100円程度で
販売してるので足を運んだ際は確認されると良いですね。

節水コマの取り付け方はとってもカンタンです。準備するものはスパナくらいです。
【取り付け方】
1.まず、水道の元栓を閉めます。(でないと水浸しになってしまいます。)
2.次に、蛇口のハンドルのところのネジを回すと蛇口のハンドルが外れます。
3.ハンドルを取ると中に普通のコマが入っていますからこれを取り出し、
  代わりに節水コマを入れます。
4.あとは、元に戻すだけです。

普段の水道のハンドルを回すことが出来れば、誰でも出来るほど簡単ですね。


STEP3

 最近の住宅だとひねるタイプの蛇口ではなく、レバー式の物が多く
出回っているようです。水量の調節がしやすく、止水が簡単なのが人気なの
ですが、このタイプには節水コマは取り付けられません。この場合、流しや
洗面所の下、蛇口の手前などに『止水線』という栓がついているので、
これを調節することで流水量を抑えることができます。止水栓には、故障時
に水を止める役割と、水勢を調節する役割があります。

 また、一般に給湯の蛇口は既に流水調節されたものがほとんどなので、
節水コマを取り付ける必要はありません。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

74

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する