更新日: 2011-02-19 22:00:21

キャリアをとるか、子供をとるか・・・どちらも欲しいのは欲張り!?

著者: jejejeaki

編集者: jejejeaki

閲覧数: 371

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by 246-You

子供はお金も手間もかかるし、今の生活スタイルを壊したくない・・でも。
確かに子供を産み育てるのは大変ですが、喜びや楽しみも多くあります。

STEP1

育児休暇制度があっても、子供手当をもらっても、保育園が充実しても
それでも子供を産んで育てる後押しにはなかなかなりません。

結婚して、子供を産んで、育てていくという生き方自体が
今の世の中で変化してきている以上、女性に当たり前の生き方だからと
押しつけてもしょうがないことでしょう。

STEP2

けれど、命を産み育てることはやはり女性にしかできないことです。
大変なことばかり強調されてしまいがちですが、
喜びや楽しさも多くあります。

仕事と子供どちらかを選ぶ生き方ではなく
両方を手に入れる生き方を考えてみてはどうでしょう。

STEP3 まずは、協力者を一人でも多く見つけることです。

制度上休暇を取得できるようになっていても、
実際には職場の人間関係がうまくいっていなければ
なかなか理解されないものです。

子供を預かってくれる身内が近くにいない場合、
いざという時に預かってもらえる人(場所)をいくつか確保しましょう。

STEP4 そして何もかも完璧にしようと思わないことです。

子供はあっという間に大きくなります。
育てている間はながく思っても、振り返ってみれば懐かしい
と思う時がきます。

”親はなくても子は育つ”そう思って、できるだけ無理せず
楽しみを見つけながら子供と一緒に育つつもりで生きてみましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

75

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する