更新日: 2011-02-19 21:38:58

息を呑む遭難船脱出劇「ポセイドン」

著者: すもお

編集者: すもお

閲覧数: 338

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by すもお

息を呑む遭難船脱出劇「ポセイドン」

転覆した豪華客船から脱出しようとする
遭難者たちのサバイバルを描いた映画、
「ポセイドン」を見てみませんか?

1972年の映画「ポセイドン・アドベンチャー」の
リメイクで、アクション映像としてはこちらが、人間ドラマとしては1972年版がおすすめです。

STEP1

大晦日の夜、北大西洋を航海中の豪華客船ポセイドン号では、パーティーが始まっていました。ダンスホールに集った乗客たちは、ブラッドフォード船長(アンドレ・ブラウアー)の乾杯の音頭でシャンパン・グラスを上げていました。

しかし宴が最高潮に達した頃、ブリッジでは航海士が異変を感じ取っていました。まもなく船はとてつもない大波に襲われ、完全に転覆。船内はパニック状態となり、とりあえず生き延びた数百人は、水面下にあるダンスホールに固まることに。船長は、ここで全員救助を待つべきだと主張します。

STEP2

プロのギャンブラー、ディラン・ジョーンズ(ジョシュ・ルーカス)は船長の指示に従わず、脱出方法を見つけるためにダンスホールを出て行くことにします。少年コナー(ジミー・ベネット)とその母親マギー(ジャシンダ・バレット)、元ニューヨーク市長のロバート・ラムジー(カート・ラッセル)もディランのあとに続きました。ロバートは、見失った娘のジェニファー(エミー・ロッサム)とその婚約者のクリスチャン(マイク・ボーゲル)をどうしても捜し出したかったのです。ここに内気な密航者の女エレナ(ミア・マエストロ)、自殺願望があった初老の建築技師リチャード(リチャード・ドレイファス)、船内を熟知している若きウェイターのマルコ(フレディー・ロドリゲス)も加わり、一行はディランをリーダーに船内を進んで行きました。

STEP3

まもなく、ジャニファーとクリスチャンも無事合流しました。そして船が沈み続ける中、彼らは急速に絆を深めます。

さらに数々の危険に直面しながら、海面にたどり着こうとする彼ら。しかし、エレナは負傷し、そのまま帰らぬ人になってしまいます。やがて一行は、脱出までもう一息のところにたどり着きます。しかしスクリューのスイッチを切り替えるために、ロバートが決死の覚悟で水中に潜り死亡してしまいます。彼のおかげで、残った面々はようやく無事脱出に成功するのでした。

まとめ

監督は、 ウォルフガング・ペーターゼン 。
2006年制作のアメリカ映画です。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

61

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
すもお

こんにちは。
活字中毒でかぶりもの好きな☆すもお☆です。
オバフォー独身です。

中学から美大の付属に通い、風変わりな事物に慣れ親しみました。紙媒...

必要なもの

ポセイドン