更新日: 2011-02-19 14:32:11

大きな悲しみと小さな幸せを抱えて生きる女たち「美しい人」

著者: すもお

編集者: すもお

閲覧数: 557

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by すもお

大きな悲しみと小さな幸せを抱えて生きる女たち「美しい人」

年齢も境遇も様々な事情を抱える9人の女性たちの、
日常を描いたオムニバス映画、
「美しい人」を見てみませんか?

特別にハッピーな事件があるわけでもなく、
今ある悲しみを小さな幸せでカバーしていこうとする女性たちの姿が、とてもリアリスティックです。

STEP1 第1話:娘に愛を注ぐ人(サンドラ)

模範囚となるべく、いくつもの仕事を抱え込み、自我を押さえ込むサンドラ(エリピディ
ア・カリーロ)にとって、唯一の楽しみは娘との面会日でした。そのためだけに、服役仲間の反感を買いながら無理しているのです。しかしある面会日、娘と看守たちの前で些細なことから感情を暴発させてしまいます。服役期間の短縮のチャンスは逃してしまったものの、彼女は娘との絆を心の支えにするのでした。

第2話:いま手にしている愛を見出す人(ダイアナ)
スーパーで偶然昔の恋人に再会したダイアナ(ロビン・ライト・ペン)は、差しさわりのない会話を交わすうちに突然、彼との思いが交差して「今でも愛している」の言葉を聞くことになります。しかし、もう二人の愛は失われたものであることを同時に悟る彼女の身体には、新しい愛の対象が宿っているのでした。

STEP2 第3話:愛をぶつける人(ホリー)

父親との幼い頃のトラウマを抱えるホリー(リサ・ゲイ・ハミルトン)は、苦い思い出だけが残る家を訪れます。父に怒りをぶつけようと思っていた彼女は、父が出てくるのを待つうちに、ささやかながら楽しかった思い出も蘇らせるのでした…。

第4話:お互いの弱さを知る人(ソニア)
友人夫婦の家に招かれたソニア(ホリー・ハンター)は、夫の口から二人だけの秘密を公言されて言い争いに。しかし、相手を思うがゆえに傷つけあう二人のすれ違いは時間が解消してゆくのでした。

第5話:かけがえのない人(サマンサ)
障害者である父と、介護に疲れ果てた母親の仲介者であり、調停役を担うサマンサ(アマンダ・セイフライド)。彼女だけがこの家族の防波堤であり、愛の象徴なのでした…。

STEP3 第6話:愛を求められる人(ローナ)

妻に自殺された元夫のために、葬儀に参列したローナ(エイミー・ブレナマン)。周囲の冷たい目を受けながら、元夫からの愛を受けた彼女は歓びと罪悪感を体の裏側で感じるのでした…。

第7話:家族があることの歓びを知る人(ルース)サマンサの母親ルース(シシー・スペイセク)は、娘の教師と不倫に走ります。そこで、彼女は向かいの部屋で起こったある光景を偶然目撃してしまいます。それは、一人の女性(エリピディア・カリーロ)が突然警察に踏み込まれ、連行されるところでした。そのとき、彼女は家族の結びつきに思いを馳せるのでした…。

STEP4 第8話:夫の愛の深さを知る人(カミーユ)

乳房を失う手術を目前に控えるカミール(キャシー・ベイカー)。夫を理由もなくなじり激情をぶつけた彼女は、安定剤を打たれ手術室へ向うわずかな時間に、本心を打ち明けるのでした。

第9話:神の祝福を受ける人(マギー)
墓参りにやってきたマギー(グレン・クローズ)と年のかなり離れた娘マリー(ダコタ・ファニング)。毎年訪れるこの場所で、母は娘の好きな葡萄を口に含ませます。その瞬間、カメラは娘マリーがもうこの世にない存在だということを映し出すのでした。

まとめ

監督は、ロドリゴ・ガルシア。
2005年制作のアメリカ映画です。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

99

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
すもお

こんにちは。
活字中毒でかぶりもの好きな☆すもお☆です。
オバフォー独身です。

中学から美大の付属に通い、風変わりな事物に慣れ親しみました。紙媒...

必要なもの

美しい人