更新日: 2011-02-19 01:27:42

自分だけ服装が浮いてしまった!

著者: いなみわけ

編集者: いなみわけ

閲覧数: 443

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by いなみわけ

パーティーなどでおしゃれをしていったけれど、周りと明らかに雰囲気が違う…というようなことは、どこでもあり得ますね。

STEP1 ①事前に確認

事前に確認しておけば、そもそもそのような事態は防げます。

まず、服装を指定してくるような会合である場合、
事前に何らかの形で通知を受けるはずです。
そのような通知を見逃さないようにしましょう。

ただし、暗黙の了解がある場合があります。
事前に、上司や同僚などに、当日どんな服装が良いかを聞いてみましょう。
また、その会合の前年の様子を撮った写真などが、
ネットで見られるような場合は、それを見て、
それと似たような服装で行けばよいですね。

STEP2 ②着替えを持っていく

どのような服装で行けばよいか、かなり判断に迷うこともありますね。

そのような場合、着替えを持っていけば、
現地についてからも着替えることができます。

もちろん、これはかなり荒い手段なので、
事前に確認できればそれに越したことはないです。
また、就職面接などでは絶対に使えない手段ですので、注意が必要です。
簡単なパーティー程度であれば、これでも大丈夫でしょう。
簡単に一枚羽織れる程度のものがあれば、便利です。

STEP3 ③逆手にとる

周りから浮いた服を着ていると、どうしても目立ちますが、
それを逆手にとって、目だってみてもよい場合があります。

例えば、色々な人と会話する必要があるパーティーの場合、
目立ったほうが相手に顔を覚えられます。

結婚式といった主役がいる会では、主役以上に目立つのはいけませんが、
社交的なパーティーの場合、少しくらい目立っても良いでしょう。

まとめ

上から一枚羽織れるものがあれば、印象を大分変えられるので便利です。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

65

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
いなみわけ

趣味で、楽器の演奏をします。また、色々な所に電車で出かけるのも好きです。よろしくお願いします。

必要なもの

上着