更新日: 2011-02-20 21:22:15

Windows7の“付箋”機能の文字のサイズを変える方法

著者: hana-haha

編集者: hana-haha

閲覧数: 698

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by hana-haha

Windows7に付属している“付箋”のフォントサイズ・文字の大きさを変える方法をご紹介します。

STEP1

Windows7の“付箋”機能はとても便利です。ちょっとメモして貼っておく事が、本当の付箋のように簡単に出来る機能です。(私のPCは画面が付箋だらけです・・・)
しかし、そのままではフォントサイズが大きめです。変更しようとして“付箋”の上で、マウスの右ボタンをクリックしてもフォントサイズを変更するコマンドはありませんね。

STEP2

“付箋”のフォントサイズ変更はショートカットキーを使用します。

【付箋の文字を小さくする】
文字を選択した後、次のキーを押します。
「Ctrl」+「Shift」+「<」

【付箋の文字を大きくする】
文字を選択した後、次のキーを押します。
「Ctrl」+「Shift」+「>」

「Ctrl」+「Shift」+「<」or「>」は、選択した文字サイズを変更するショートカットキーですから、必ず文字を選択してから使ってくださいね。

まとめ

Windows7の“付箋”をお使いの方、ぜひ一度試してみて下さい。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

60

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
hana-haha

毎日の生活から、発見や情報をご紹介。