更新日: 2011-02-18 22:35:48

【ホワイトデー】見返りを求めない!

著者: まなみかん★

編集者: まなみかん★

閲覧数: 793

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by nakimusi

見返りを求めるのは良くないとわかっていても、
でもやっぱり見返りを求めてしまったり…。
ホワイトデーはやっぱり気になってしまいますね。




STEP1 プレゼントは相手の喜んだ顔を見たくって贈るものです。

だからプレゼント選びはすごく楽しかったりします。

男性にはそうゆう気持ちが無いのでしょうか?
同じ気持ちにはならないのかな...って寂しくなったりします。
だからといって、強要してプレゼントもらっても嬉しくないですよね。。。

STEP2 ポイントは男女の意識の差です。

女性は均等に対応して欲しいから、
「誕生日プレゼントは誕生日プレゼントで」
「バレンタインにはホワイトデーで」
と、お返しに期待します。
男性にしてみれば、バレンタインデーの「ありがとう」で
一段落ついてるのではないでしょうか。

STEP3 見返りばかり期待していると、逆に

「他の女の子と2人で遊ばない」
「あなたのことを一番に考える」
など、目に見えない男性の思いやりにも気付けないかもしれません。

STEP4 プレゼントを好きな人にあげる場合は、

基本的には「自分がしたいからする!」というスタンスがベストです。
そう思っていないと相手からのお返しがないことや、
お返しのモノの額が低かったりすることに、つい腹が立ってしまいます。
何よりも「贈る側の気持ち」が大事なんじゃないかな、と思います。

STEP5 男性の心理的には、女性の

「何も見返りを求めずにプレゼントをくれた」
という、健気な気持ちに愛おしさを感じ、
「どうせ見返りこないんだろうな…」
と思っているところへプレゼントして、喜ぶ顔が見たいという心理もあるようです。
確かにサプライズは男性の方から行うことが多いですね。

まとめ

中には、正直バレンタインにプレゼントは欲しくない男性もいるようです。
なぜならホワイトデーにお返しをしないと駄目だからです。
もちろん、貰ったら嬉しいという気持ちはあるようですが。。。

【PR】

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

56

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
まなみかん★

楽しいことだーいすき(^^♪
みなさんのお役に立てるガイドを目指します!