更新日: 2011-02-17 16:50:35

2ヶ月の赤ちゃんの下痢について

著者: itsuki1030

編集者: itsuki1030

閲覧数: 22325

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by yto

2ヶ月の赤ちゃんの下痢の原因を知っておくことはとても重要です。下痢といってもいつも心配がいるというわけではありませんが、以下ではいくつかの対処方法をお教えします。本当に心配な時は小児科で診てもらいましょう。

STEP1 判断

赤ちゃんのうんちはゆるいので下痢なのかを判断するのは難しいかもしれません。下痢の場合、排せつ物が水っぽく、一日に3回以上出ます。もし下痢かもしれないと思ったら、他の症状はないか経過観察してみます。感染症が原因の下痢の場合、下痢の症状に加えて、赤ちゃんの調子が悪く、疲れているように見えたり、食欲不振、熱や鼻水の症状を伴います。

STEP2 原因

2ヶ月の赤ちゃんの下痢の原因は様々です。原因として、食事の変化、ウイルスや細菌性の感染症、抗生物質の服用、病気が挙げられます。赤ちゃんが母乳を飲んでいる場合、お母さんが食べた物に反応しているケースもあります。もし歯が生えかけている赤ちゃんがいれば、それが下痢の原因になることもあります。

STEP3 治療法

2ヶ月の赤ちゃんが起こす下痢は多くの場合、1週間で自然と治ります。もし治らなかったり、食欲不振な場合は、小児科で診てもらいましょう。母乳を与えている場合は、母乳には下痢を予防や治す効果があるため、続けて授乳しましょう。人工乳を飲んでいる赤ちゃんは、排便ペースを落とす豆乳ベースのミルクを試してみましょう。授乳後、赤ちゃんがのどが渇いているようであれば水分補給用飲料を飲ませてあげましょう。

STEP4 危険性

赤ちゃんの下痢で最も心配なことは脱水症につながることです。脱水症の症状には、3時間以上おしっこが出ない、泣いても涙が出ない、ぐったり疲れているといったことが挙げられます。

STEP5 副症状

一般的に下痢をしておむつかぶれを引き起こします。おむつかぶれの対処法として、赤ちゃんを毎晩お風呂に入れてあげたり、お尻を空気に触れさせてクリームや軟膏を塗ってあげましょう。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

100

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する