更新日: 2011-02-17 15:06:11

【本紹介】神様のカルテ

著者: くまねこ

編集者: くまねこ

閲覧数: 432

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by くまねこ

奇跡の腕を持つ医者はいなくても、この病院では奇跡が起こる。

STEP1

―感想―

大学の食堂で、大勢の友達の前でこらえきれず号泣してしまいました。

生きることに疑問を持った私に、この本は答えを教えてくれたような気がします。

何回も読み返し、そのたびに心に残る物があります。

人と人とのつながりって本当はどういうものなのか。

生きるってどういうものなのか。

それを教えてくれる作品です。

STEP2 ✿あらすじ✿

信州の田舎町にある本庄病院は

「365日24時間」営業

そこで働く医師たちは、皆大量にくる患者にてんてこまい

現代医療の欠陥や、医者がただの道具としてみられているそんな世の中

サービス化しつつある医療に、心で接する医者がいた

それが、この本庄病院に勤務する

変人な医者 栗原 一止 だ。

本人も変人ながら、周りも変人ばかり

でも、心で接する彼の周りでは

勝手に奇跡が起こる

死ぬとわかっている老人に

余命を宣告し突き放す医者

それを残酷だと 栗原先生は言った

そして一人の老人を孤独から救ったのだ

それは神様がくれた

本当の奇跡なのかもしれない

その他にも

彼の周りでは、彼の投げかける言葉に

多くの人が元気や勇気をもらっている

きっとあなたの心に響く一言がこの作品の中にうずもれているはずだ。

それを探していただきたい。

そして繰り返し読んでもらいたいのだ。

どの言葉にも意味があり

それは力をくれるのだと

たくさんの人に知って欲しいのだ。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

66

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
くまねこ

よろしくお願いします。