更新日: 2011-02-22 22:07:30

醤油をなぜ「むらさき」と呼ぶ?? 

著者: まなみかん★

編集者: まなみかん★

閲覧数: 2267

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by Skyriser / Lix

醤油の色って茶色ですよね。
なぜ「むらさき」になったんでしょう。
たまり醤油なら紫色に見えない事もないような…。
理由を調べてみました。

STEP1

実は「むらさき」というのは寿司屋で使ういわゆる業界用語です。
だから一般的というわけでもありません。

江戸っ子の粋でしょうか(^_^;)
そのままの呼び方がダサイとでも思ったのか、「むらさき」の愛称になったようです。

STEP2

ちなみに寿司屋の業界用語、有名どころではお茶を「アガリ」とか、
生姜漬を「ガリ」といいますね。

お茶の場合は、最後に飲むものだから終了という意味で「アガリ」。
生姜漬の場合は歯ごたえから「ガリ」なんだそうです。
粋ですね~。

では、醤油の「むらさき」はなぜかというと、
見た目の色が由来です。
ただし、醤油そのものではありません。

STEP3

昔のお寿司の一番人気はマグロの赤身であり、当時は保存も考えて
醤油漬けのものでした。今でいう「ヅケ」ですね。

醤油の濃紺色と赤身の色が合わさった色が紫なわけです。
(正確には赤味がかった藍色に近いんですけど)
そんな訳で「むらさき」になったようです。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

97

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
まなみかん★

楽しいことだーいすき(^^♪
みなさんのお役に立てるガイドを目指します!