更新日: 2011-02-17 08:29:16

葬儀について考えよう 3つのタイプ

著者: evergreen712

編集者: evergreen712

閲覧数: 329

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by ototadana

人生どこかで必ず出会う葬儀・・・。
値段や参加人数により色々な方法があります。
簡単にご紹介します。

STEP1 参加人数、値段によりいろんな方法があります。

1)一般的な葬儀

  参加者は家族、親戚はもちろん、友人、知人、職場、地域の人など
  多岐にわたります。
  
  臨終⇒納棺⇒通夜⇒葬儀、告別式⇒出棺、火葬

  費用は、喪主と一緒に大体の場合、葬儀社が取り仕切りることが
  多いため、そのプランにより高額になる場合もある。

STEP2 2)家族葬

  参加者は家族、親戚などの故人にとり血縁、婚縁など近い親戚に
  限ります。

  臨終⇒納棺⇒通夜⇒葬儀、告別式⇒出棺、火葬
 
  費用は1の場合に比べ、参加者が少なくなることから、若干経費も   
  少なくなることがある。人数にもよるが、30万円~100万円
  程度でおさまることが多い。

STEP3 3)直送

  臨終⇒納棺⇒出棺、火葬

  費用は葬儀を行ないため格安。火葬場は住んでいる自治体により
  若干差があるが、運搬料、火葬料など入れても30万程度でおさまる
  ことが多い。

まとめ

いくら葬儀に値段をかけられるか、故人の希望は何だったのか、
そういったことを熟考した上で行う必要があります。
話せる機会のあるうちに、いろいろ希望を聞いておくと、
後で見送る側になったときにスムーズに行いやすくなります。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

91

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する