更新日: 2011-02-17 05:44:26

職場の先輩を、誤解から怒らせてしまったときの対処法

著者: tikumanikki

編集者: tikumanikki

閲覧数: 2799

Okgn btn gudie info favorite

0

関連タグ:

はじめに

Photo by tikumanikki

誤解されてしまったら、慌てます。

誤解を解こうと、一生懸命に説明しがちですが、自分では誤解を解きたくての説明のつもりでいても、「言い訳」ととられ、かえって火に油をそそぐ結果になりかねません。

どうすればいいのでしょうか?

STEP1 人は常に論理的に物事を考えているとは限りません。

弁解する人に対しては、納得し怒りの矛を収めるよりも、「火に油を注ぐ」結果になるほうが多いものです。

誤解された事に限らず、100%自分の事を理解してもらうのは、不可能です。これがわからず、わかってもらおうと言葉を尽くして相手に話す人がいますが、相手には自分の「正当性」を主張しているとしかとられません。反感をかうばかりです。

STEP2 もし、相手を怒らせても、誤解されてもどっしり構えましょう。

これからの行動で理解してもらえるよう頑張るのみです。その態度で、相手もいつしか解ってくれるものです。

STEP3

間違っても、「もうだめだ、おしまいだ。」などという結論をだしてはいけません。

そう思った時点で、ほんとうにだめにあります。
相手も人間ですから、1度のミスや失敗を許さないという人も少ないと思います。

先輩だって、職場での人間関係を良好なものにしようと思っているはずです。いつまでも許さないというのは、その先輩自信人間性を周囲から疑われるということぐらいわかっているはずです。

あなたが先輩を怒らせたことを心から詫び、これからの仕事や行動で現せば、きっと以前の良好な関係に戻れると信じます。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

92

関連タグ:

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する