更新日: 2011-03-17 17:46:56

アメリカ人のディベート術を見習いたいときは「サンキュー・スモーキング」

著者: すもお

編集者: セクシーあねさん

閲覧数: 640

Okgn btn gudie info favorite

0

はじめに

Photo by すもお

アメリカ人のディベート術を見習いたいときは「サンキュー・スモーキング」

タバコ業界のPRマンが、
武器であるディベート術を如何なく発揮する姿を
描いた「サンキュー・スモーキング」を
見てみませんか?

STEP1

STEP2

ニック・テイラー(アーロン・エッカート)は、タバコ業界を代表する凄腕のPRマン。

「情報操作の王」の異名を取る彼は、高まる禁煙運動からの攻撃を魅力的なスマイルと巧みな論理のすり替えで丸め込み、業界の繁栄のために日夜努力し続けているのでした。

そんな彼が本音を言える相手は、同じ悪評高いPRマン仲間であるアルコール業界のポリー・ベイリー(マリア・ベロ)と、銃製造業界のボビー・ジェイ・ブリス(デヴィッド・コークナー)だけでした。

STEP3

ニックは、ハリウッドのスーパー・エージェント、ジェフ・マゴール(ロブ・ロウ)と組んで、喫煙シーンを盛り込んだSF映画を作ろうとしたり、タバコのパッケージにドクロ・マークを付けたがっているフィニスター上院議員(ウィリアム・H・メイシー)と闘ったり、刺激的な日々を過ごしていました。

しかし、過激派の嫌煙団体から命を狙われたあげく、ついにはベッド・インしてスクープを狙う女性新聞記者、ヘザー・ホロウェイ(ケイト・ホームズ)の罠にハマってしまいます。

STEP4 おかげで仕事を失ってしまったニックは、一気にどん底へ。

落ちた彼に、「情報操作の王」のプライドを思い出させたのは、別れた妻との間の息子ジョーイ(キャメロン・ブライト)でした。彼の叱咤激励を受けて、やる気を取り戻したニックは、上院議員の公聴会に出席。そして起死回生のために、証言台に立つのでした。

「息子にタバコを勧めるか?」と問われて、「彼がそれを選ぶなら、買ってやります。」と答えるニック。情報操作の王とも云われた男が、個人の自由であるはずの喫煙権を第三者の情報操作で奪われてたまるか!と、持ち前のディベートセンスを発揮するのです。

まとめ

監督は、ジェイソン・ライトマン。
2006年制作のアメリカ映画です。

このガイドは役に立ちましたか?ガイドの著者にお礼を伝えよう!

Okgn btn gudie info thunks b

77

当ガイドは作成日時点での情報です。ガイド内容の実施はご自身の責任の元、ご利用いただきますようお願いいたします。

このガイドを通報する

著者名:
すもお

こんにちは。
活字中毒でかぶりもの好きな☆すもお☆です。
オバフォー独身です。

中学から美大の付属に通い、風変わりな事物に慣れ親しみました。紙媒...

必要なもの

サンキュー・スモーキング